カバの天敵は?歯は何本?赤い汗の理由などカバの疑問【生態と特徴】にお答え

07/14/2020

みなさんカバにどんなイメージを持っていますか?

動物園ではプールのなかで動かなかったり、むしんに草を食べていたり、のんびりした印象があるかもしれません。

では、野生カバはどんな生活を送っているのでしょうか?

今回のzoo zoo diaryはカバの生態と特徴を徹底解説!皮ふのつくりなど細かな体のしくみから群れ妊娠出産そして天敵寿命などカバの一生にせまります。

野生カバには動物園のカバからは想像もつかない一面があります。zoo zoo diaryをとおしてカバのすごさを感じてほしいと思います!

カバに会える動物園リストは別記事に掲載しています↓

カバとは?

鯨偶蹄目カバ科カバ属。ひづめがふたつの草食動物です。

ギリシャ語で「川の馬」を意味することばが名前の由来です。漢字では「河馬」と表記します。

  • 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
    • カバ科 Hippopotamidae
      • カバ属 Hippopotamus
        • カバ Hippopotamus amphibius
  • IUCNレッドリスト 危急(VU)
  • ワシントン条約 附属書Ⅱ
  • 生息 サハラ砂漠以南の湿原 12万頭
  • 体長 350cm
  • 体高 150cm
  • 体重 1500kg
平川動物公園 カバ

カバ生息数は推定12万頭ほど。2000年ごろまで減少がつづいていましたが、近年は安定傾向にあります。

一方で生息地破壊や密猟のためいくつもの地域でカバの減少が報告されています

カバはIUCNレッドリストにおいて絶滅のおそれが高いと評価されています。

IUCNレッドリストについて詳しくは「絶滅危惧種とは?レッドリスト【絶滅のおそれのある動植物一覧】の解説」をご覧ください。

カバの生息地

カバは、アフリカ大陸サハラ砂漠以南の川や湖付近の湿地帯に生息しています。

かつては広く分布していたカバ。現在その生息地は分断され、地域による保全の差が生じています。

  • カバの生息地
    • 南部(ザンビア、南アフリカ共和国等) 6万頭
    • 東部(タンザニア、ケニア、DRC等)  5万頭
    • 西部(カメルーン、ブルキナファソ等) 7千頭

おもな生息地はタンザニア、ケニアを含むアフリカ東部、そしてザンビアを筆頭とするアフリカ南部。

サファリツアーなどで世界的な知名度のあるケニアやタンザニアでは、保全活動が進み生息数は安定しています。

しかし、カバが減りつづけている国々がほとんど。コンゴ共和国やソマリアでは推定50頭ほどと、地域的な絶滅の危機にあります。

4万頭ものカバが暮らすザンビアでさえ、保護が不十分なため今後の減少が懸念されています。

また、西アフリカでは人口増加にともなう土地開発のため、動物たちの生息地が分断されています。

結果、カバとヒトとの接触が多発。農作物やヒトをおそう動物は絶滅危惧種であろうと迫害されてしまいます。

計画的な開拓や境界(柵)の設置など、地域住民への教育やケアがカバを救う鍵となっています。

カバの形態

丸みをおびた太い体に短いあし、そして大きな口をもつカバ。陸上哺乳動物のなかでゾウ、シロサイにつぐ大型動物です。

体長3~5メートル体高1.5メートルほど。体重1.5トン前後。なかには体重4トン以上のオスも記録されています。

体の大きさの性差はさほどありません。これは、水中で過ごすことが多いカバは体ではなく口の大きさで競いあうから、と考えられています。

一般にメスは25歳ごろ成長がとまりますが、オスは成長しつづけるといわれています。そのため、高齢オスはメスより大きくなります。

福岡市動物園 カバ タロー

カバの進化

日差しのつよい日中は水の中で過ごすカバ。水中でも快適に暮らせるよう独特の進化をとげました。

  • 直線上にある目と鼻と耳
  • 被膜がある目
  • 閉じれる鼻の穴
  • 反射的な息継ぎ

カバの目・鼻・耳は一直線に並んでいます。顔をすこし水面に出すだけで周囲の警戒や息継ぎができます。

また、目の表面に膜がはられ水中でもしっかり目を開いて見ることができます。さらに、鼻の穴を閉じて5分以上潜水することができます。

そして、最も驚くべきは水の中で眠れること。

カバは寝ていても「水面に顔を出し息継ぎをして沈む」という一連の動作を反射的に繰りかえしています。

カバは泳げない?!

とても器用に水の中で生活しているカバ。

ところが、カバは泳ぐことも浮くこともできません。水に対する比重が大きく、どうしても沈んでしまうのです。

では、カバはどうやって水中を移動するのでしょうか?

答えは簡単。泳ぐのではなく「歩く」のです。

カバは地上とおなじように地にあしをつけて移動しています。水面に上昇するときは地面をつよく蹴っているだけです。

プールのなかが見える動物園は水中でのカバの動きを観察できるのでおすすめです!

野生カバが川底を歩いたり走ったりするため、川のなかにはけもの道のようにカバの道ができます。

体の小さい赤ちゃんカバは全身が水の中にはいってしまいます。おぼれないよう、お母さんの力をかりながら水中での動き方を学びます。

カバは毛が生えていません

よくよく見ると、カバの体には毛が生えていません。毛があるのは口の周りや尾の先端だけ。

日焼けや乾燥はNG!超敏感肌

むきだしの皮ふは紫外線や乾燥に非常に弱いという欠点があります。長時間空気にさらされるだけで、ひび割れるという繊細なお肌。

強烈な太陽のもとではあっという間に体の水分が奪われ、最悪の場合、死に至ります。つまり、カバは濡れた状態を維持しなければ生きていけないのです。

水が豊富な動物園では、プールにつかったり水を浴びたりして皮ふの状態をコントロールできます。

一方、きびしい乾季には沼地や川だったところが干あがってしまいます。出遅れたカバがその場から動けなくなり亡くなる例はたびたび報告されてます。

なぜ毛がないの?

では、なぜカバには毛がないのででしょう?

それは水中で動きやすくするため

体毛は体温調節や皮ふ保護に役立っています。しかし、濡れてしまうと重たくなるためカバにとって不便だったのです。

大きな体のカバにとってスムーズに動けることは、体力温存そして食事量の節約にもつながります

また、日差しのつよい時間は水中で過ごすことにより体温上昇や乾燥から肌をまもることができます。

一方、さむい日の低体温をさけるために皮ふは厚くなりました。胸の皮ふは厚さ4cm!さらに4cmもの皮下脂肪でおおわれています

カバの赤い汗は「あせ」じゃない!

もちろんカバには敏感な皮ふを守るしくみがあります。

カバは体毛だけでなく汗腺がないことがわかっています。つまりゾウと同じように汗はかけません

カバは汗の代わりに表皮から液体を分泌します。この液体は酸素にふれたら赤く色が変わるため、カバは「赤い汗」「血の汗」をかいていると表現されます。

カバの特殊な分泌物(赤い汗)は肌を守る効果をもちます。紫外線による日焼けや乾燥をふせいでいます

さらに、清潔とはいえない水で暮らすカバの傷が化膿しにくいことから、抗菌効果があるのではといわれています。

いまだに完全解明されていないカバの複雑な皮ふ。今後の研究が楽しみです。

群れで暮らすカバ

カバは複数のオス、複数のメスとその子どもたちから成る10~100頭の群れで生活します

群れのオスには順位があります。優位なオスはすべてのメスと交尾する権利を持っています

社会性が高いカバは複数のメスと幼獣でグループをつくることも確認され「カバの学校」と呼ばれています。

カバのテリトリーは水場とその付近であり、陸地では個々が自由気ままに草を食べます。

まきふんと大声!カバのコミュニケーション

カバは排便の際にしっぽを大きく振り、排泄物をまく習性があります。

一般に「まきふん」はオスがおこなう行為で、メスにはあまり見られません。テリトリーのアピールや、道しるべの役割があると考えられています。

また、カバは声を出してコミュニケーションをとります。

低いうなり声から甲高い声まで声色はさまざま。動物園ではしずかな印象があるかもしれませんが、カバはおしゃべりな動物です。

アフリカでは最もうるさい動物のひとつに挙げられています。

カバのまきふんやコミュニケーションは飼育下でも観察できる行動です。カバの生活をかいまみれる瞬間ですね。

福岡市動物園 カバ タロー

カバの威嚇|くちが大きいほど強い

丸くて可愛らしい外見とは裏腹に、カバは哺乳動物のなかで攻撃性のある危険な存在として知られています。

下顎から生える門歯と犬歯は伸びつづけ、とくにオスでは長さ40~50cmほどになります。

カバの長い歯はオス同士のテリトリー争いのときにつかわれます

まず、鼻先を合わせ口をあけ口の大きさ比べをします。よりおおきく口をひらけたり牙が長かったり、体格さがあればすぐに争いはおわります。

一方、口の大きさで勝負がつかなかった場合、カバは死闘をくりひろげます。この際、子どもがまきこまれ亡くなる例がしばしば観察されています。

カバを加害者にしないで!

通常、カバは他の動物に対しては口をあける、吠える、追いかけるなど間接的に威嚇をします。

現地において、カバはヒトに危害を与える動物と認識されています。

縄張り意識のつよいオスカバや子を持つ母カバにとって、近くに来た相手を威嚇・攻撃するのは当然の行為。

もちろんツアー客も現地人もカバの行動を理解しているはずです。

ところが、釣りや撮影に夢中になり「きづかぬ間にカバの怒りにふれる」という事件が多発しています。

アフリカでは推定500人が毎年カバによって殺されています。

観光資源かつ保全対象であるカバ。大切なカバが加害者とならないようアフリカ諸国は注意喚起をつよめています。

もしアフリカ旅行でカバ生息地をおとずれるときは、カバを加害者にしないよう十分に気をつけてください。

カバの食事と消化

皮ふが弱く体温調節が苦手なカバ。太陽がしずむ夜に活発になる夜行性の動物です。

日が暮れると上陸開始。ぞくぞくとカバが水からあがってきます。

季節や地域によって差はありますが、通常カバたちは上陸しても近くの草原にとどまります。川や沼から遠く離れた場所へは行きません。

カバが1日に摂取する草の量は40kgほど。

40kgという数字は多く思えますが、体重の2~3%程度とカバにとっては少量

つまり、カバは日中のエネルギー消費量を抑えることにより、長時間腸の中に食べものを保持することができると考えられています。

上野動物園 カバ

数時間後、食事を終えたカバたちが群れにもどると、まだ食事をしていないカバたちが出発します。

時間差で食の旅に出かけることにより、自分たちのテリトリーには常に仲間がいる状態をたもてるしくみ。カバの社交性の高さがうかがえます。

カバの歯は何本?

大きな口をあけるカバの姿を見たことがある方もいるでしょう。

カバの歯、一見少なそうですよね。

実は、ヒト(28~32本)より多く40本もの歯が生えています。

牙となる犬歯は上下2対(4本)。前歯にあたる切歯は上下4対(8本)。奥歯にあたる臼歯が28本。

カバの犬歯と切歯は一生伸びつづけます。おとなカバは下顎から生える犬歯と切歯が50cmほどの長さになります。

しかし、立派な犬歯と切歯は食べるときには一切使いません。食事に重要なのは奥歯

筋肉質の幅ひろい唇が草をちぎりとり、奥へと移動させます。そして、平たい奥歯ですりつぶしてから飲みこみます。

奥歯が草を細かく砕き、飲みこみやすく消化しやすくしてくれます。

ところが、奥歯は使うたびに徐々にすり減り、使いものにならなくなる日が来ます。その時がカバの寿命といえるでしょう。

さて、動物園のカバの歯はそれほど長くはないと思いませんか?

実は、飼育下では安全対策のため長すぎる歯や形のわるい歯は調整されます。そのため、野生カバほど立派な牙を見ることはできません。

さらにカバの歯は歯茎に埋まっているため、実際の長さより短く見えます。

カバの胃は何個?

カバは鯨偶蹄目。かつてはウシやシカを含む草食動物と同じ偶蹄目といわれていました。

ウシやシカは硬く栄養価の少ない植物を食べます。そこからエネルギーを得るために4層の胃という複雑な消化システムをそなえています。

ところが、たとえ4つの胃といえど細かく砕かれた植物でないと消化しきれません。

そのため、胃内に入った植物は液体になるまで胃と口を行き来します。これを、反芻(はんすう)といいます。

草食動物であり偶蹄目といわれていたカバ。しかし、カバは反芻しません

また、4層ではなく3層の胃をもっています。

腸のなかに入る前に胃の細菌が植物の細胞壁を分解してくれます。さらに、酵素や胃酸が固形物を溶かしてくれます。

カバは時間をかけてゆっくり消化することにより、すくない植物から栄養を得ています。

カバの繁殖

メスは8歳前後、オスは10歳前後で性成熟するカバ。

通常、乾季に繁殖期をむかえます。1頭の優位なオスが群れのすべてのメスと交尾する権利を持ちます

群れを率いるオスは川や湖の岸辺を占拠し、他のオスが水場に入らないように見まわりしています。

ときに下位のオスや群れに属さないオスが第1位オスに挑戦し、壮絶な戦いになることもあります。

一方、100頭ほどの大きな群れをもつ優位オスにとって、すべてを監視することは容易ではありません。

ときには群れの内外のオスに交尾をゆるすことも観察されています。つまり、優位オスと死闘をせずに子孫をのこせる場合があります。

そのため、下位のオスや単独のオスはおとなしく繁殖機会をうかがっていることが多いのではと考えられています。

育児は母カバのみ|妊娠と出産

母カバは出産前から1~2週間群れをはなれ、出産と育児に専念します。

妊娠期間はおよそ8か月。カバの出産は水中もしくは陸上でおこなわれます。

カバは体長100cm体重30kgほどの赤ちゃんを1頭生みます。

大きいようですが母カバの約2%の重さ。50kgのヒトが1kgの赤ちゃんを生む計算なので、相対的にとても小さい赤ちゃんです。

生後数週間たつと、子をもつ母カバたちのグループ(カバの学校)にくわわります。

約18か月の授乳期間をおえると、母カバの発情がふたたびやってきます。

多くの動物は母親の発情とともに親離れしますが、カバは例外。子は性成熟をむかえる8歳ごろまで母親のもとにいます

そのため、多くは母ときょうだいがいっしょに過ごしています。

カバの寿命

カバの寿命は30年以上。なかには50歳以上と推測される野生カバも確認されています。

2017年、フィリピンの動物園で死亡したカバは推定65歳でした。

カバに天敵はいるの?

体の大きなおとなカバを捕食する動物はいません

しかし、小さな子カバはワニやライオンなど大型肉食動物の標的となります

ところが、子カバにとって最大の危険は母親以外のカバ。

おとなカバ同士で起こる紛争に巻きこまれ、幼獣が死亡する事例はあとを絶ちません。あるいは、きょうだいが遊びのつもりで幼獣を弱らせてしまうこともあります。

とはいえ、大きく生まれるカバの幼獣死亡率は他の動物と比べて低いです。

また、干ばつという危険がカバを襲います。

例年の乾季では干あがることのない水辺が失われると、カバを含むさまざまな動物が苦しみます。

まず、あらたな水場を求めて移動をしいられます。もし長い時間太陽光にさらされたら、カバは脱水で命を落とすかもしれません。

やっと水辺にたどりついたとしても、小さな沼や水たまりに入るため争いが勃発。さらなる悲劇が起こるかもしれません。

水中にいなければカバは生きられないため、大干ばつのときには多くのカバが死亡しています。

ヒトはカバを苦しめています

水とその周辺に草原があることはカバが生き抜くために必要な条件です。

ところが、生活において水を求めて行動するのはヒトも同じ。アフリカの人口増加はヒトと野生動物との摩擦を生んでいます。

人間生活のための開拓により、カバの生息地は奪われています

また、地元民だけでなく漁師や鉱山労働者、観光客とカバとの接触増加が問題となっています

カバの大量死!炭そ

炭そはカバの死因のひとつ。

炭そ菌は土中にひそみ、動物のなかに入ると悪さをします。カバは炭そ菌がついた草を食べたり水を飲んだり、自然の生活のなかで炭そを発症します

ときに炭そは地域的に大流行し、100頭ものカバが亡くなることがあります。

  • 2004年 ウガンダ 190頭以上
  • 2011年 ザンビア 80頭以上
  • 2017年 ナミビア 100頭以上

また、炭そ菌に感染したカバの肉を食べたヒトも亡くなっています。

水がすくない乾季には小さな水場にたくさんのカバが密集しているため、あっという間に感染がひろがると考えらえています。

干ばつは脱水だけでなく感染症による大量死をひきおこす、カバの天敵といえます。

カバのいま|絶滅のおそれが高い

カバ生息地の国々では、保護区の制定や密猟対策などがおこなわれています。個体数が増加・安定している地域がふえ、全体としては安定傾向にあります。

一方で未だハンティングや生息地破壊がつづき、カバが減少している地域が半数を占めます。

現在IUCNはカバを絶滅のおそれが高い種「危急(VU)」に分類しています。

悲しいことに、カバを絶滅に向かわせているのはヒトです。

だからこそわたしたちヒトが保全活動をつづけ、カバを絶滅の危機から救わなければなりません。

カバの密猟と密輸

社会情勢が不安定な地域では不法無秩序なハンティングが横行しています。

モザンビークの内戦やコンゴ民主共和国(DRC)の紛争が起こるたびに、狩猟が頻発。

その結果、カバの生息数がモザンビークでは約70%、DRCでは約95%減少したと報告されました。

一方、情勢が安定している国でも食肉目的の狩猟が行われています

地域の人々にとっては、むかしから食べていた動物が絶滅危惧種になっただけなのです。そのため、カバがいかに大切か理解してもらうよう住民への教育が大切になります。

また、トロフィーハンティングのために殺されるカバもいます。

カバの歯の密猟がふえています

近年はカバの歯の密猟が増加しています。

1989年、象牙取引が規制されて以降、おなじ素材としてカバの犬歯の人気が高まったためです。

カバの歯は歯茎に埋まっているため、実際には見えている部分の数倍の長さがあります。象牙同様、印鑑や装飾品の材料として高値で売買されています。

1997年には1700本以上のカバの歯がウガンダから香港に輸出される過程で押収されました。

さきに述べたように、カバの牙はテリトリー争いなどでつかわれます。牙のないオスは弱く、みじめな思いをして過ごしているかもしれません。

密猟は需要があるかぎりなくなりません。決してカバの歯や肉を欲しがらないでください。

長崎バイオパーク カバ

カバには意外と知られていない生態やユニークな特徴・進化がたくさんあります。

ほとんどの時間を水中で過ごすのに泳げなかったり、皮膚が厚いのに弱かったり、とってもおもしろい動物です。

動物園で見る水中に沈んでいるだけが「カバ」ではありません。本当のカバの一面を知っていただけたら幸いです。

以上、カバの豆知識でした。

【参考】

San Diego Zoo

IUCN