ワシントン条約やブリーディングローンを学ぼう!動物の取引

ワシントン条約とハンティングビジネス

動物の記事を読んでいるとよく出てくるワシントン条約という、難しそうな言葉。

ワシントン条約の内容を理解し、動物保護の重要性を考えましょう。

絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約

正式名称は非常に長いですが、わかりやすい名前です。

文字通り、絶滅に瀕した動植物の取引に関する国際間の約束事です。過度な国際取引を抑制することを目的としています。

Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Floraの頭文字を取って、CITESと略されています。

また、ワシントンD.C.で採択されたため、ワシントン条約と呼ばれています。

IUCNのレッドリストにおいて絶滅の危険性があると査定されている動物のほとんどは、ワシントン条約により取引が規制されています。はく製や毛皮、角なども規制の対象となります。

ワシントン条約の締約国会議は2~3年に1回行われています。その都度、規則や附属書の改正が検討されています。

ワシントン条約附属書

動植物は付属書Ⅰ~Ⅲに分類され、それぞれ取引条件が異なります。

Ⅰ(現在、絶滅のおそれのある種
  • 学術研究を目的とした取引のみ可能
  • ゴリラ、ジャイアントパンダ、ゾウ、サイ、ライオン、トラ、オランウータン、チーターなど約1000種類
  • 輸出入国の許可書が必要
Ⅱ(将来、絶滅のおそれのある種)
  • 商業目的の取引が可能
  • カバ、アメリカバイソン、ワシ、ホッキョクグマ、アメリカグマ、マントヒヒ、ハシビロコウ、サメなど約34000種類
  • 輸出国の許可書が必要
Ⅲ(国際協力が必要な種)
  • 商業目的の取引が可能
  • アジアスイギュウ(ネパール)、シマハイエナ(パキスタン)、セイウチ(カナダ)、ビントロング(インド)など約200種類
  • 輸出国の許可書が必要
  • 掲載国が原産でない場合は、原産地証明書が必要

上記を見てわかるように動物園にいる多くの動物たちは、ワシントン条約で保護されています。

附属書Ⅰの動物

附属書Ⅰに掲載された動植物は、絶滅のおそれが高いとされ、学術研究を目的とした取引のみが可能。言い換えると、商業目的の取引は禁止されています。

ゴリラやパンダ、ライオン、トラなど動物園で人気のある動物たちの多くは、附属書Ⅰに定められています。そのため、商業的な輸出入は禁止されています。

例外として、ワシントン条約の登録施設で人工繁殖させた動物は、商業取引が認められています。

しかし、人工繁殖によって生まれた希少動物たちは、日本の動物園には手が出ないような価格で取引されています。

でも、新しい仲間が増えました、というお知らせを聞くことがあるよ、と思う方もいるでしょう。

それは、動物園同士で動物の貸し借りを行っているからです。

ブリーディングローン

Breed(繁殖)のためのLoan(賃借)。動物園同士で動物を貸し借りすることです。

動物の購入費は、動物園にとって大きな出費です。支出を抑えるとともに、新しい血統を取り入れることにより、多様な家系が誕生します。

動物園経営や種の保存など、未来に関わる重要な活動です。

繁殖を目的とするブリーディングローンは動物園同士の共同保護にあたります。そのため、商業取引が禁止されている附属書Ⅰの動物も対象となります。

当然、賃貸契約のため、動物の所有権は元の動物園のままです。つまり、ブリーディングローンでやって来た動物は、いずれ本来のおうちへと帰って行きます。

誕生した子どもの所有権は、契約締結の際に動物園間で取り決めを行っています。

【国内例】

1. ジャイアントパンダ

世界中のジャイアントパンダは、中国からやって来ます。日本で飼育されているすべてのパンダの所有権は、中国のパンダ繁育研究基地にあります。

和歌山県のアドベンチャーワールドは世界で初めてパンダのブリーディングローンを行い、パンダ繁殖に貢献していることで有名です。これまでに、10頭以上のパンダが生まれています。

ところが、日本で生まれたパンダの赤ちゃんは中国に返す約束をしています。そのため、昨年誕生した上野動物園のシャンシャンも数年後には、中国に帰国します。

上野動物園 パンダの赤ちゃん シャンシャン
シャンシャン|上野動物園

2. ゴリラ

上野動物園と東山動植物園のオスゴリラは、オーストラリアのタロンガ動物園からブリーディングローンにより来日。

2頭とも群れを築くことに成功しました。国内のゴリラ個体数増加の大きな要となっています。

東山動植物園 キヨマサとアニー
キヨマサとアニー|東山動植物園

ちなみに上野動物園のモモコは、千葉市動物公園の所有です。

モモコのように、国内の動物園同士でもブリーディングローンは頻繁に行われています。

動物園の繁殖活動や研究が、将来の動物の絶滅を防ぐ鍵となります。

ハンティングビジネス

動物を保護する活動が盛んに行われる中、動物を殺す狩りに関連したビジネスが成長しています。世界中には、狩猟目的で売買されている動物がたくさん存在します。

生活のためでない娯楽の狩猟をスポーツハンティングと言います。

また、射殺した動物をはく製や毛皮などに加工して狩りの記念品とすることから、トロフィーハンティングとも呼ばれています。

キャンド・ハンティング

ライオンやキリンを養殖し、敷地内で狩猟するというキャンド・ハンティング。

南アフリカでは、動物の所有権はその土地の所有者に属します。国立公園や保護区での狩りは禁止されていますが、私有地での狩りに違法性はありません。

つまり、狩猟許可を受ければ、野生生物の狩りができます。

なぜハンディングビジネスが流行したのか?

答えは簡単で、畜産よりキャンド・ハンティングの方が収益性が高いからです。

やせたアフリカの大地では食用の動物を育てることは難しいと言われています。

一方、もともとアフリカに生息している動物は、問題なく育ちます。さらに、狩猟用の大型動物は1頭当たりの取引価格が高く設定されています。

以上のことから、アフリカにはキャンド・ハンティングを行う施設が200か所以上あると言われています。

トロフィーとして育てられた動物は、注文が入ったら柵で囲われた広大な敷地に放されます。動物たちは缶詰にされた状態(canned)。

そして、ハンターは大金を払い、狩りを楽しむのです。

ハンティングビジネス賛成の声

殺されるために育てられるという動物たち。人間の身勝手な行動に憤りを感じます。

当然、世界中からトロフィーハンティングへの非難が集まっています。

一方で、ハンティングビジネスを必要とする意見も存在するのも事実です。

1. 密猟抑制

合法的に狩猟を楽しむことにより、野生動物の密猟を防ぐことができます。

すべての狩猟を規制したところで、ハンターがいなくなるわけではありません。反対に、密猟が増加することも懸念されています。

2. 問題のある個体の駆除

健康な動物を殺したり、繁殖を妨げたり、異常行動を起こしている個体を駆除できます。

問題視されている個体を保護区から私有地へおびき寄せ、射殺します。私有地の動物は所有者のものとなるため、殺しても違法ではありません。

実際は、保護区内であっても問題のある個体はレンジャーによって射殺されています。

3. 収入源

ハンティングビジネスは地元の絶大な資金源となります。

経済状況が厳しい南アフリカでは、狩猟による収益の一部が野生生物の保護に充てられています。

すなわち、狩猟は動物のためとも言えるのです。

また、動物のビジネスで生まれる雇用は多い。無情だと感じながら、生活のためにハンティング用の動物(トロフィー)の養殖に携わっている人がいます。

そのため、ハンティングビジネスの規制が強まると、職を失う人が増えると考えられています。

ところが、ガイドやハンターを装った密猟業者も存在するそうです。

一概に良い悪いとは判断することが難しいとされるハンティングビジネス。

世界的には反発が多く、規制強化の傾向にあります。

動物園の繁殖に関する問題

一方、日本のサファリパークなどでもライオンやトラの赤ちゃんとふれあいイベントを行うために、繁殖が頻繁に行われています。

増えた子どもの成長、さらに動物の高齢化も相まって、動物たちの獣舎はどんどん狭くなってしまいます。

また、ホワイトライオンやホワイトタイガーを生むために近親交配をさせています。その結果、病気や奇形を持って生まれ、苦しい思いをしている個体もいます。

日本ではスポーツハンティングは行いませんが。ヒトのエゴが動物を苦しめていることは確かです。そのため、動物園自体の存在を否定する意見もあります。

動物の精神状態や生活環境を改善するために、動物園にとってエンリッチメントは必須要件です。

野生生物の密輸入

ワシントン条約の発効により、取引の際には政府の許可が必要となりました。乱獲や密猟、不必要な取引などが抑制され、野生生物の保護につながります。

しかし、肉や加工などを目的に密猟が続いているのが現状です。

希少動物は非常に高値で取引されているため、金銭目当てで違法行為を行う者が後を絶ちません。密猟した動物から加工品をつくり密輸する者もいます。

日本と中国間では象牙の違法取引が盛んに行われており、近年大きな問題となっています。

また、ペット用として密輸される動物もいます。飼育が難しくなった野生生物は、捨てられたり殺されたりと、不幸な運命を辿ることが多いようです。

生息地の減少に加え、ペット用の密猟が増加し、野生のチーターは激減しました。10年間に1000頭以上の赤ちゃんチーターが密輸され、その多くは輸送中に死亡しているそうです。

ワシントン条約の今後

食料や装飾、ペットなどの目的で捕獲または殺害されてきた野生生物。かけがえのない存在である数多くの生き物が、わたしたちヒトの活動により絶滅の危機に瀕しています。

そして、現在も絶滅のおそれのある動植物が密猟され、世界中で輸出入されています。

今後も密猟者とワシントン条約事務局の戦いは続きます。

動物に関する取引を学び、動物保護や繁殖の重要性を理解していただければ幸いです。

以上、ワシントン条約のお話でした。

【参考】

経済産業省 ワシントン条約

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です