ワシントン条約【CITES】とは?動植物の密猟・密輸をふせぎます

04/26/2019

動物の記事を見るとしばしば出てくる「ワシントン条約」という言葉。

なんとなく読み過ごしていませんか?

ワシントン条約は動物の取引を規制する条約。ということはよく知られていますが、意外と規制内容は知られていません。

今回のzoo zoo diaryはワシントン条約の意義やランク(附属書)をわかりやすく解説します。

ワシントン条約が生まれた背景を知り、なぜ密猟や密輸入が絶えないのか考えてみましょう!

ワシントン条約とは?

絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約

正式名称は非常に長いですが、文字通り絶滅に瀕した動植物の取引に関する国際間の約束事です。過度な国際取引の抑制を目的としています。

Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Floraの頭文字からCITESと略されます。

日本人にとって一般的な「ワシントン条約」という呼び名は、1973年にアメリカ・ワシントンD.C.で採択されたことが由来です。

ワシントン条約が発効される前までは、無秩序に動植物の取引が行われていました。

牙や角、肉、毛皮、飼育などを目的に、多くの種類の動物が殺されたり、囚われたりしました。個体数の減少に繁殖の増加が追い付かず、さまざまな動物の生息数が減少しました。

また、木材や紙をつくるために森林が伐採され、植物の数も減っています。さらに、地球温暖化により自然環境は悪路を進んでいます。

このまま動植物をヒトが自由に利用していたら、絶滅種の増加は明らかです。

そこで、輸出入に関する制限や許可書の提出を設け、過剰な動植物の取引を制限するワシントン条約が誕生しました。

密猟を防ぐために、動物の生死にかかわらずはく製や毛皮、角なども規制の対象となります。

アフリカンサファリ シロサイ
サイは角のために密猟が絶えません

IUCNレッドリストにおいて絶滅の危険性があると評価されている動物のほとんどは、ワシントン条約により取引が規制されています。

IUCNレッドリストの詳細は「絶滅危惧種の解説」をご覧ください。

ワシントン条約の締約国会議は2~3年に1回行われています。その都度、規則や附属書の改正が検討されています。

ワシントン条約附属書

動植物は附属書Ⅰ~Ⅲに分類され、それぞれ取引条件が異なります。

動物園にいる動物たちのほとんどは、ワシントン条約附属書に掲載されています。

Ⅰ(現在、絶滅のおそれのある種)
  • 学術研究を目的とした取引のみ可能
  • 輸出入国の許可書が必要
  • ゴリラ、ジャイアントパンダ、ゾウ、サイ、ライオン、トラ、オランウータン、チーターなど約1000種
Ⅱ(将来、絶滅のおそれのある種)
  • 商業目的の取引が可能
  • 輸出国の許可書が必要
  • カバ、アメリカバイソン、ワシ、ホッキョクグマ、アメリカグマ、マントヒヒ、ハシビロコウ、サメなど約3.4万種
Ⅲ(国際協力が必要な種)
  • 商業目的の取引が可能
  • 輸出国の許可書が必要
  • 掲載国が原産でない場合は原産地証明書が必要
  • アジアスイギュウ(ネパール)、シマハイエナ(パキスタン)、セイウチ(カナダ)、ビントロング(インド)など約200種

人気動物の多くは「附属書Ⅰ」に属します

附属書Ⅰに掲載された動植物は、絶滅のおそれが高い種。

学術研究を目的とした取引のみが可能です。つまり、商業目的の取引は禁止されています。

ゴリラやパンダ、ライオン、トラなど動物園で人気のある動物たちの多くは附属書Ⅰに定められています。

アフリカンサファリ ライオン

附属書Ⅰの動植物の商業的な輸出入はできません。

例外として、ワシントン条約の登録施設で人工繁殖させた動物は商業取引が認められています。

人工繁殖によって生まれた希少動物たちは、日本の動物園には手が出ないような高値で取引されています。

しかし「海外から新しい仲間がやって来ました」という動物園のおしらせを見聞きすることがあるでしょう。

動物を展示してお金をもらっているのに商業にならないの?と疑問に思いませんか?

種の保全という任務を果たすために、動物園はブリーディングローンを活用しています。

野生生物の密猟と密輸

ワシントン条約の発効により、野生生物取引の際には政府の許可が必要となりました。

乱獲や密猟、不必要な取引などが抑制され、野生生物の保護につながります。

なぜ密猟や違法取引があるの?

国や地域により守られている希少動物(その体の一部)は、合法では手に入りません。そのため、非常に高値で闇取引されています。

その結果、金銭目当てで違法行為を行う者が後を絶ちません。密猟した動物から加工品をつくり、密輸する者もいます。

  • 密猟された動物のゆくえ
    • 象皮や毛皮など装飾品として
    • 象牙や犀角など医薬品として
    • 生体をペットとして

日本と中国間では象牙の違法取引が盛んに行われており、近年大きな問題となっています。

また、生きたままペット用として密輸される動物もいます。子どもの愛らしさや成獣の美しさから、ライオンやトラなどの大型ネコ科動物は特に人気があります。

チーターの赤ちゃんは10年間に1000頭以上密輸され、その多くは輸送中に死亡しているといわれています。密猟の増加により、チーター生息数の減少は加速しました。

アフリカンサファリ チーター

わが国でもカワウソや小型サルなど珍しい動物を飼うヒトが増えてきています。彼らの出生をごまかし、不法に売買している業者もあります。

世の中のペット人気が動物を死亡させているという事実に、目を向ける必要があります。

牙や角であれ生体であれ、需要があるから密猟はなくならないのです。

【ふるさと納税】【南の島の動物愛護活動】保護猫活動等をサポート(1万円)

価格:10,000円
(2022/6/13 10:17時点)

動物の取引を規制するワシントン条約を紹介しました。

  • 1973年アメリカ・ワイントンD.C.で採択
  • 絶滅危惧種の国際取引に関する条約
  • 附属書Ⅰ~Ⅲに分類
  • 生体だけでなく毛皮、角、牙なども対象

食料や装飾、ペットなどの目的で、捕獲または殺害されてきた野生生物。ワシントン条約がなければ、とっくに絶滅している種もいることでしょう。

しかし、現在でも密猟や密輸により不運な人生を歩む動物がいるのは事実です。

ワシントン条約の背景や密猟の原因から、動物や自然について考えていただければ幸いです。

【参考】

経済産業省 ワシントン条約