アフリカゾウとアジアゾウ!象の種類、違いと見わけ方を学ぼう

02/13/2019

動物園で人気者の動物、ゾウ。

長い鼻と大きな耳を見れば、誰しもがゾウとわかるでしょう。一方、ゾウといっても、さまざまな種類がいることをご存知でしょうか?

今回は、ゾウの種類とその見わけ方を中心に、ゾウの豆知識をお届けします。

神戸市立王子動物園 インドゾウ

ゾウの種類

ゾウは大きく2種類、アフリカゾウとアジアゾウが存在します。

アフリカゾウ
  • サバンナゾウ
  • シンリンゾウ
アジアゾウ
  • インドゾウ
  • スリランカゾウ
  • スマトラゾウ
  • ボルネオゾウ

ボルネオゾウは、他のアジアゾウと遺伝的相違があるため、独立種とする説あり。

アフリカゾウは1990年代に激減したため、保全活動が盛んになりました。結果、個体数は当時より増加し、現在は40万頭前後と考えらえています。

近年、IUCNはアフリカゾウを2種に分けて評価。2021年3月に、シンリンゾウは近絶滅種CR、サバンナゾウは絶滅危惧種(EN)と発表されました。

アジアゾウの生息数は70年間で半減し、現在も減少傾向。生息数は4~5万頭ほどと推測され、絶滅危惧種(EN)に指定されています。

幸運なことに、日本では6種類すべてのゾウを見ることができます。

ボルネオゾウとスマトラゾウは1施設(福山動物園/群馬サファリパーク)、シンリンゾウは2施設(安佐動物公園と秋吉台サファリ)でしか会えない希少な存在です。

まず、大きなくくりでゾウを見ていきましょう!

アジアゾウとアフリカゾウの違い

アジアゾウとアフリカゾウの最も大きな違いは、生息地です。

名前の通り、インドやスリランカ、タイ、インドネシアなどアジアに生息するアジアゾウ。そして、アフリカゾウはサハラ砂漠以南のアフリカ大陸に生息しています。

住む場所がこれだけ離れていると、外見も当然異なります。

ゾウの体格

アフリカゾウは 陸上最大の哺乳類。推定体重10トンを超える巨体の記録もあります。頭頂部は平らで、背中より肩とお尻が盛り上がっています。

アジアゾウはアフリカゾウに比べると体が小さく、頭にぽこぽことお山がふたつ。背中は丸く、柔和な印象を受けます。

アフリカゾウとアジアゾウ
アフリカゾウ:頭が平ら、背中は凹型  アジアゾウ:頭が丸く、背中は凸型

ゾウの牙

ゾウというと、象牙を思い浮かべる方も多いでしょう。

より長い牙が生えているのはアフリカゾウ。中でも2~3メートルと地面に着くほど大きな牙を持つオスは、ビッグタスカ―と呼ばれています。

一方、アジアゾウの牙は比較的短く、メスにおいては牙を持たない者もいます。

熊本 アフリカゾウ エリ

象牙と密猟

近年、野生のアフリカゾウの牙が短くなってきているという研究報告があります。ビッグタスカーの数は減少し、およそ30頭しかいないとも言われています。

アフリカゾウの牙に影響を与えているのは、わたしたち人間です。

美しく加工しやすい象牙は、紀元前から美術品などに使われていました。その後、印鑑やピアノの鍵盤などに利用され始め、世界各地で象牙需要が高まりました。

そして、牙を目的とした乱獲が進み、瞬く間にゾウの数は減っていきました。乱獲被害が大きい地域では、牙のないアフリカゾウだけが生き残りました。

そもそもゾウは根を掘ったり、皮を剥いだりするために日常的に牙を使っています。繁殖期のオスが武器として使うこともあります。

つまり、牙がないということは生きていくうえで不利なはず。

ところが、牙がないことのデメリットより、牙があることの密猟被害の方が大きくなりました。その結果、牙が短い、もしくは牙を持たない個体が増えたと考えられています。

アジアゾウの牙はアフリカゾウに比べると小さめですが、密度が高く質が良いとされています。そのため、アフリカゾウ同様に密猟が絶えません。

現在CITESにより、象牙の輸出入は禁止されています。

一方、日本国内では商業取引が可能なまま。日本にある象牙が、需要の多い中国などへ密輸されるケースが増加しています。

入手困難な状態で需要が続けば、象牙はさらに高値で取引されることになります。そうすると、密猟グループは象牙獲得のために、さらに躍起になるでしょう。

近い将来、牙がないゾウが普通となる日が来るかもしれません。

ゾウの体毛

実は、ゾウの背中や頭には毛が生えています。

アフリカゾウは毛が短いため、あまり目立ちません。よく見るとちくちく毛が伸びていることがわかります。

一方、アジアゾウは茶色の長い毛が生えています。頭から背中はふさふさです。子どものアジアゾウはとくに毛が濃いため、一目瞭然。

また、アジアゾウは年齢とともに色素が薄くなります。おとなゾウの顔や鼻は肌色が目立ちます。

富士サファリ アジアゾウ

ゾウの感覚器

耳の形が違うよ!

ゾウといえば、大きな耳。

アフリカゾウもアジアゾウも、大きな耳を持っています。一見似ているようですが、形や大きさが異なります。

アフリカゾウは、首が隠れるほど巨大な耳を有します。一方、アジアゾウの耳は比較的小さく、角ばっています。

ゾウの鼻は指?!

ゾウの鼻先には、にょきっと飛び出た部分があります。小さなものから柔らかいものまで器用につかむことができる、指のような役割を果たします。

アフリカゾウは上下に突起がありますが、アジアゾウは突起が上側にしかありません。

ゾウの唇に注目!

ゾウの下唇は長い鼻の影になっているため、じっくり見たことがないかもしれません。実はここにも、アジアゾウとアフリカゾウを見わけるポイントが隠されています。

アフリカゾウは丸く短い下唇。横から見ると飛び出ていないことがわかります。

一方、アジアゾウは細長い下唇。食事中など口を開けると突出していることがよくわかります。

アフリカゾウとアジアゾウ
アフリカゾウ:指状突起は2つ、下唇は丸い  アジアゾウ:指状突起は1つ、下唇は長い

比べてみるとまったく異なるアフリカゾウとアジアゾウ。

ここからは、さらに詳しい種類を見ていきましょう。

アフリカゾウの仲間

サバンナゾウ

一般的に動物園でアフリカゾウと紹介されているゾウが、サバンナゾウに当たります。

陸上の哺乳類としては最大!体長6メートル、体重5トン以上に成長します。地上から背中までの高さ(体高)は3メートルほどあります。

首を覆うほど大きな耳。雌雄ともに長く立派な牙が特徴的です。

秋吉台サファリ アフリカゾウ

サバンナゾウに会える動物園

現在、13施設で約30頭が飼育されています。オスは3頭のみ。

東北~関東
  • 大森山動物園
  • 盛岡市動物公園
  • 八木山動物公園▲
  • 東武動物公園
  • 多摩動物公園▲
  • 市原ぞうの国
中部~九州
  • 富士サファリ
  • 伊豆アニマルキングダム
  • アドベンチャーワールド
  • とべ動物園
  • 安佐動物公園▲
  • 秋吉台サファリ
  • 熊本市動植物園

▲:オスを飼育している施設

アフリカゾウ繁殖に成功!とべ動物園

愛媛県のとべ動物園では、2006年にメスの媛(ヒメ)、2009年にオスの砥夢(トム)、2013年にはメスの砥愛(トア)が誕生しています。

ざんねんながら2016年4月、父であるアフが死亡し繁殖の道は閉ざされました。

息子のトムは現在多摩動物公園で飼育されています。父親のアフのように、繁殖に成功することを祈ります。

アフリカゾウ繁殖の危機!

1980年代には、80頭いた日本のアフリカゾウ。繁殖がうまく進まず、その数は減少し続けています。近い将来、アフリカゾウを日本で見ることはできなくなるかもしれません。

そこで、全国の動物園ではアフリカゾウ繁殖へ向けて連携をとっています。

東北3県の動物園は、施設間でメスを交換しペアリングを試みています。

しかし、計画開始後、盛岡市動物園のたろう(28歳)が死亡。そして、2021年3月には大森山動物園のだいすけ(推定31歳)が死亡しました。

2020年には姫路セントラルパークのヒロ(38歳)が亡くなっているため、現在、日本にいるオスのサバンナゾウは、3頭のみ。

八木山動物公園のベン、推定1989年生。同い年である花子との繁殖に期待が寄せられています。

多摩動物公園には、とべ動物園で誕生したトムが飼育されています。姉と妹がいるトムは、交尾や他のゾウとの関わりを知っている、貴重なオスです。

ただ、2021年4月現在、多摩動物公園にいるメスは推定1964年生のアコのみ。仲は良いようですが、高齢出産となるため難しいと予想されます。

安佐動物公園では、タカ(2005年生)が飼育されています。メスのアイ(推定1982年生)は、多摩動物公園において2度(1998年と2002年)出産経験があります。

いつかアフリカゾウの可愛い赤ちゃんが見れる日が来ますように。

シンリンゾウ

アフリカゾウの一種シンリンゾウ。西アフリカと中央アフリカの熱帯雨林に生息しています。

耳の形から、マルミミゾウとも呼ばれています。

ジャングルの中に生息するため、発見が難しく正しい生息数はわかっていません。4万頭とも1万頭とも言われています。

シンリンゾウの特徴

秋吉台サファリ マルミミゾウ

近年まで、アフリカゾウは1種と思われていました。2010年の研究報告に基づき、現在はサバンナゾウとマルミミゾウの2種と考えられています。

1種とされていたほど、サバンナゾウとマルミミゾウは似ています。まだまだ謎の多い動物です。

一般的に、サバンナに生息するアフリカゾウより体も耳も小さく、体高は2メートルほど。

サバンナゾウより丸い耳を有しており、細く直線的な牙を持っていると言われています。

シンリンゾウに会える動物園

現在、広島市の安佐動物公園と、山口県の秋吉台サファリで1頭ずつ飼育されています。

サバンナゾウとシンリンゾウ!安佐動物公園

安佐動物公園にはマルミミゾウのメス、メイがいます。

メイは1999年ごろ生まれ、2001年にブルキナファソの保護施設から来日。当初は、サバンナゾウのタカの繁殖相手として扱われていましたが、2006年DNA解析によりマルミミゾウだと判明しました。

2頭のサバンナゾウといっしょに展示されてあり、タカとじゃれ合う姿を見ることができました。比べてみると、体の大きさや耳の形の違いは歴然です。

安佐動物公園 マルミミゾウ サバンナゾウ
左:マルミミゾウ(メイ) 右:サバンナゾウ(タカ)
芸達者なシンリンゾウ!秋吉台サファリ

秋吉台サファリランドでは、飼育員さんとマルミミゾウのダイ(2001年生)が名コンビ。芸を見せてくれたり、さわらせてくれたり、とても貴重な体験ができました。

マルミミゾウは、日本には2頭しかいない非常に珍しいゾウです。ぜひお見知りおきを。

秋吉台サファリ マルミミゾウ

アジアゾウの仲間

インドゾウ

アジアゾウの中で最も数が多く分布域も広い種が、インドゾウです。そのため、インドゾウをアジアゾウと称することもあります。

インドから東南アジアの森林地帯に生息。アフリカゾウより小さいですが、体長5メートル、体重4トン前後に成長します。

平川動物公園 インドゾウ

インドゾウに会える動物園

JAZAによるとインドゾウと登録している施設はわずか6つ。アジアゾウの多くはインドゾウを指すため、本記事ではアジアゾウと登録されているゾウもインドゾウとして掲載します。ご了承ください。

北海道~関東
  • 円山動物園
  • おびひろ動物園
  • 岩手サファリパーク
  • 那須サファリパーク
  • 宇都宮動物園
  • かみね動物園
  • 上野動物園
  • 金沢動物園*
  • ズーラシア*
  • 千葉市動物公園
  • 市原ぞうの国
関西~九州
  • アドベンチャーワールド*
  • 京都市動物園
  • 王子動物園
  • 姫路動物園
  • 福山動物園
  • アフリカンサファリ
  • 平川動物公園*
  • フェニックス自然動物園
  • 沖縄こどもの国*

*インドゾウと登録している施設

ビッグなマック!王子動物園

神戸市王子動物園のマックは体高3.5メートル、体重5トンと日本最大級のアジアゾウです。

王子動物園 ゾウ マック

1992年6月、スイスのキンダーガーデン動物園で誕生。1995年3月に神戸にやって来ました。

スイスではボーイと呼ばれていましたが、王子動物園でマックと名付けられました。

ズゼ(1990年生)との間に1頭の子(結希、2014年生)がいます。祐希は市原ぞうの国で飼育されています。

アフリカゾウでは、と思うほど立派な牙。スタイルも頭も良く、世界に誇れるイケメンゾウです!

スリランカゾウ

スリランカの乾燥地帯に生息するスリランカゾウ。 イギリス領時代の名称からセイロンゾウとも呼ばれています。

到津の森公園 スリランカゾウ

スリランカゾウは、入植者の乱獲により4万頭から2千頭まで数を減らしました。 1980年代から保護活動が始まり、現在は5千頭ほどに増加したと考えられています。

インドゾウより大きく、肌の色が黒いのが特徴。また、メスだけでなくオスも牙を持たないことが多い種類です。

スリランカゾウに会える動物園

現在、スリランカゾウを飼育している動物園は7か所のみ。全国で10頭ほどしかいません。

  • 多摩動物公園
  • 千葉市動物公園
  • 東山動植物園
  • 岡崎市東公園動物園
  • 徳島動物園
  • 徳山動物園
  • 到津の森公園
スリランカゾウ誕生!東山動植物園

東山動植物園では、2013年に繁殖に成功しメスのさくらが誕生しています。

東山動植物園 スリランカゾウ 親子
子さくらと母アヌラ(2015年撮影)

スマトラゾウ

インドネシアのスマトラ島に生息するスマトラゾウ。

インドゾウより小さく、肌の色は明るいと言われています。

現在、2千頭前後しかおらず、IUCNレッドリストではCR(近絶滅種)に指定されています。

スマトラゾウに会える動物園

日本では、群馬サファリパークでのみ会うことができます。

2014年6月、インドネシアからやって来たアスワタマ(オス、9歳)とイダ(メス、12歳)が飼育されています。

まだ幼い2頭、今後の繁殖に注目が集まります。

ボルネオゾウ

東南アジアに浮かぶボルネオ島北部にのみ生息するボルネオゾウ。

長年アジアゾウの亜種に分類されていました。現在は、30万年前にアジアゾウから独立した種だと考えられています。

英名でPygmy(小人)と記載されますが、実際には他のアジアゾウと大きな差はないそうです。

一方、童顔で耳が大きく、成獣でも可愛らしい印象を受けます。地面に着くほど長いしっぽが特徴的です。

森林破壊により食糧難に陥り、ボルネオゾウは減少。現在、およそ1500頭ほどが生息していると報告されています。 未だ不明なことが多い動物です。

ボルネオゾウに会える動物園

広島県の福山市立動物園では、日本に1頭しかいないボルネオゾウのふくちゃん(メス)が飼育されています。

孤児ゾウとして保護されたふくちゃん。2001年、推定3歳のときに福山市動物園へやって来ました。前髪があるゾウとして多くの人に愛されています。

ところが、2015年から体調不良となり、2016年にふくちゃんは結核にかかっていることが発覚しました。2018年投薬が終了しましたが、継続的な体調管理が行われています。

ふくちゃんは10~15:30ごろ、日光浴のため展示場に出てくるそうです。ふくちゃんがこれからものびのびと暮らしていけることを願います。


大きくアフリカゾウとアジアゾウに分類されるゾウ。その違いは体、耳、鼻と意外にも多く、あっさりと区別できるでしょう。

一方で細かい分類(亜種)の判別は、なかなか難しいのが事実。アジアゾウは看板を見ないと何ゾウかわからないかもしれません。

動物の予習をして行くともっと楽しるのが、動物園の良さのひとつです。

みなさんも動物園を訪れた際は、細部までじっくり観察してみてください。

以上、ゾウの豆知識でした。

【参考】

国際自然保護連合

日本動物園水族館協会