ライオンの群れプライドとノマド|オスライオンの仕事【繁殖】

08/09/2019

百獣の王として世界中に知られている屈強な動物、ライオン。

しかし、動物園で見るライオンたちは動かず寝ていることがおおいと思いませんか?

狩りをせずともエサを食べられる環境は「動物本来の姿」ではありません。

みずから食料を獲得しなければならない野生のライオンは、いったいどんな暮らしをしているのでしょう?

今回のzoo zoo diaryはライオンのオスとメスの仕事やライオンの群れプライドの誕生など、野生ライオンの一生に迫ります

九州アフリカンサファリ ライオン

ライオンとは?

ライオンは食肉目ネコ科ヒョウ属に分類されます。

  • 食肉目 Carnivora
    • ネコ科 Felidae
      • ヒョウ属 Panthera
        • ライオン Pantera leo
          • インドライオン  P. l. persica
          • アフリカライオン P. l. leo

インドライオンはインド・ギル国立公園に600頭ほどしか生息していません。生態がアフリカのものとちがう点もあります。

詳しくは「インドライオンとは?アフリカではなくアジアに住むライオンの生態と特徴」をご覧ください。

一般にライオンと呼ばれるのはアフリカに生息するアフリカライオン。動物園で見かけるほとんどのライオンがアフリカ由来のものです。

インドライオン、アフリカライオンともに絶滅危惧種に指定され、ワシントン条約の規制をうけています

本記事ではアフリカライオンのプライドを紹介します。

プライドとは?

ビッグキャットとしては唯一、集団生活を送っています。ライオンの群れは「プライド」と呼ばれています。

プライドは1~数頭のオスと10頭前後のメスや子どもから成る群れです。

複数の成熟したオスがプライドにいる場合は、オス同士は兄弟であることが一般的。当然、複数オスの方が単独オスより強く、大きなプライドを有する傾向にあります。

近年は、3頭のオスが2つのプライドを支配する例も確認されています。

プライド=誇りではありません

プライド【Pride】と記されることから「誇り」と読みとられることも多いですが、プライドの由来は諸説あり。確かな意味はわかっていません。

550年ほど前からライオンの群れをさす言葉として使われています。

姫路セントラルパーク ライオン

プライドの支配者はメス?!

プライドのメス同士は姉妹や母子など血縁関係があります。そのため、メス間の絆は非常に強く、一生涯おなじプライドに属すことが知られています。

メスライオンは常にプライドの長であるオスを評価し、ときには追い出すことさえあります。

つまり、メスは常に一定の範囲(縄張り)で家族と生活し、それを子孫に受け継いでいきます。

例外的に群れの仲間と関係性が悪い場合や食料難の場合など、子どもを連れてプライドを離れることがあります。

反対に、オスライオンはプライドのメスと血縁関係はありません。群れにおけるリーダー(オスライオン)は数年おきに入れ替わります

プライドをもつオスは群れのメスからだけでなく、プライドを狙うオスライオンからも見張られています。

オスライオンはプライドを維持するために、つねに周りの目を気にしなければなりません。

一方のメスライオンには当然その不安はありません。実質的にプライドを支配しているのはメスなのかもしれませんね。

アフリカンサファリ ライオン

プライドの役割分担|オスとメスの仕事

オスはプライドを守ります

オスライオンのイメージはいつも寝ているのに、ごはんのときは一番乗り。メスに比べると、だらしない生活をしている印象があります。

しかし、そんなオスにも立派な仕事があります。

それはプライドを維持すること。プライドの縄張りを守り、子孫を残すという需要な仕事があります。

のちほど紹介しますが、繁殖活動はオスにとって最も厳しい試練といえます。

アフリカンサファリ ライオン

縄張り侵入者を撃退!

群れのリーダーであるオスはプライドを守るため、定期的に見まわりをしたり、声や尿で自分の敷地をアピールしたりします。

おとなオスが吠える声は、遮るものの少ないサバンナの5km以上先まで届きます。

また、侵入者を発見したら縄張りの外へ追いはらいます。

ライオンにとっての侵入者とは、おなじ草食動物をエサとするハイエナやリカオンなど

威嚇だけでなく、ときには殺してしまうこともあります。これは見せしめであって、食べることはありません。

獲物が少ない季節に狩りをされたり、子どもたちを狙われたり、プライドにとって侵入者は非常に危険で忌まわしい存在です。

【YouTube】BBC Earthでライオンとハイエナの戦いをチェック!

メスは子育てと狩りをします

メスはおもに狩りと子育てを担っています。

ライオンの子育ては群れのメス全体でおこなう共同保育。自分の子以外も大切にあつかいます。親が狩りに行く際は、別のメスが子守りをしてくれます。

血縁関係にあるメス同士は、狩りの際のチームワークも抜群!数頭のメスが隊列を組んで次々と獲物に迫る様子は、圧巻です。

【YouTube】Smithsonian Channelでライオンによるキリンの狩りをチェック!

また、キリンやスイギュウなど大きな動物を捕らえるときや空腹のときなどには、オスが狩りに参加することもあります

ライオンの狩りの成功率は?

一瞬にして急所を狙い、見事なハンターの印象があるライオン。

しかし、イメージとは裏腹にライオンの狩りの成功率は3割以下といわれています。

ドキュメンタリー番組では、獲物に忍び寄る途中で気づかれ、狩りに失敗するライオンをしばしば見かけます。

ライオンは草食動物より足が遅く持久力もありません

そのため、ギリギリまで近づかなければ、獲物を捕らえることができないという欠点があります。

オスライオンとプライド

一生涯おなじ群れで暮らすメスライオンとはちがい、オスライオンは3歳ごろに群れから追い出されます

自分の子どもとはいえ、オスであればプライドのリーダーにとってライバルとなります。

そのため、オスの子ライオンはおとなになる前に排除されると考えられています。

プライドのために戦うオスたち

群れから旅立ったあと、若いオスライオンは兄弟もしくは単独で活動します。成熟を迎えると自分のプライドの獲得に奮起します。

プライドをもつ理由はおもにふたつ

  1. 食料調達・・・メスに狩りをしてもらう
  2. 繁殖活動・・・子孫をのこす

オスライオンは狩りが得意なメスといることで食事に困ることはなくなります。そして当然ながら自分の遺伝子を残すためにはメスが必要です。

プライドをもたないオスはつねにプライドの獲得を狙っています。

プライド獲得法はおもにふたつ

  1. オス不在のプライドの場合・・・プライドをもたないオスを受けいれる
  2. オスがいるプライドの場合・・・プライドをもたないオスが決闘を挑む

プライドのオスライオンが死亡した場合またはプライドが分裂した場合などは、リーダー不在のメスだけの状態になります。

狩りには困りませんが、縄張りの見張りや子育てのためプライドにはオスが必要です。

そこで、メスたちはプライドをもたないオスをリーダーとして受けいれます。

一方、プライドをもたないオスがプライドを乗っ取る場合があります。

戦いの準備を整えたオスはプライドのリーダーに対決を挑みます。ライオンのプライド争奪戦は非常に激しく、命を落とすこともあります。

仮に挑戦者が勝利した場合、プライドのメスたちは彼(ら)をリーダーとして迎えます。

アフリカンサファリ ライオン

ライオンの子殺し|プライドの掟

ところが、獲得したプライドには問題があります。

それは、子ライオンの存在です。

もちろん新リーダーとプライドの子は血縁関係がありません。わが子でさえライバル視するオスライオン。一時代を築いた旧リーダーの血を受けつぐ子は脅威そのものです。

さらに、子どもがいるとメスライオンは発情しません。言いかえると、子がいるかぎり新リーダーは自分の子孫を残すことができないのです。

以上の理由から、子ライオンたちは新リーダーによって無情にも殺されてしまいます。

ライオンの子殺し行為はプライドの厳しい掟。通常、母ライオンたちが抵抗することはないと考えられています。

わが子を亡くしたメスライオンは、しばらくすると再び発情期を迎えます。

そして、新リーダーの子を妊娠・出産。ついに新プライドが完成します。

熊本市動植物園 ライオンの親子 赤ちゃん

ライオンの繁殖

群れのオスライオン1~3頭に対してメスは多数。リーダーの重要な役割「繁殖活動」は骨をおる仕事です。

ライオンのメスは発情期をむかえると、オスに近づきアピールします。そして、メスはオスを誘い出すように群れから離れていきます。

オスとメス2頭だけの環境が整ったのち、ライオンは交尾を繰り返します。

この時期をライオンのハネムーンといいます。

アフリカンサファリ ライオン

ハネムーンとは?オスライオンの試練

ハネムーン中は1週間ほど2頭だけで行動し、食事もせずに歩きつづけます。

この間、メスはオスの体力テストをしているのではと考えられています。

1時間に数回交尾をおこない、メスが妊娠するまでライオンの過酷なハネムーンはつづきます。

そのため、ハネムーン中のライオンは雌雄ともに痩せている個体がおおいと報告されています。

なかには空腹に耐えきれず餓死したり、自ら狩りをしたりするオスライオンもいます。

また、群れはリーダー不在の状態がつづきます。残されたメスにとっては不安な日々。結束して子どもたちを守ります。

晴れてメスライオンが妊娠すると2頭は群れに戻ってきます。

ライオンは共同保育をおこなうことから、プライドのメスはおなじ時期に発情・妊娠する傾向にあります。

そのため、オスはハネムーンから帰ってすぐ別のメスとハネムーンへ、ということも少なくありません。

メスの発情期はオスライオンにとって最も忙しく体力のいる期間です。

アフリカンサファリ ライオン

出産はプライドから離れて

ライオンの妊娠期間は3~4か月。子は1度に数頭誕生します。

つねにプライドで生活するメスライオンですが、出産前後はプライドを離れます。

ライオンの赤ちゃんは目が見えず、弱弱しい体で生まれてきます。

もしプライドで出産すると、年長の子ライオンが危険となる可能性があります。ミルクを奪ったり赤ちゃんを蹴飛ばしたりするかもしれません。

そのため、母ライオンは出産前から1か月以上、プライドから離れて暮らします

赤ちゃんが十分に育ったころ、母子はプライドに戻ります。

アフリカンサファリ ライオン 赤ちゃん

メスライオンたちは久しぶりの再開と子の誕生の喜びをわかちあいます。なんとも感動的なシーンです。

ライオンは同じ時期に出産することが多く、子育てを母親同士協力しておこないます。非常に社会性のたかい動物です。

放浪ライオン|ノマド|コアリション

さぁ、みなさん気になっているかもしれません。

ライオンのオスはみんな群れをもっているのでしょうか?

いいえ違います。

リーダーになるオスがいれば、当然リーダーになれないオスもいます。プライドを乗っ取ることができないオスライオンはサバンナをさまよい続けます

彼らは放浪ライオン(ノマド)と名付けられています。

複数のオスで群れを成している場合はコアリションと呼びます。コアリションは兄弟同士が多いといわれています。

九州アフリカンサファリ ライオン

ノマドは長生きできない?!

協力者のいない放浪ライオンは生きていくために狩りをしなければなりません。

しかし、放浪ライオンはおとなのオスライオン。体が大きく、見事なたてがみも生えています。

そのため、獲物に気づかれてしまうことが多く、狩りの成功率は極めて低いといわれています。

若オスやコアリションはもちろん、老オスやケガを負ったオスが食事にありつけることはほぼ不可能。

そのためプライドをもてない、あるいは失ったオスライオンは結果的に飢え死にしてしまいます。

つまり、オスライオンはメスがいなければ長生きすることはできないのです。

動物園のライオンからは想像できませんが。百獣の王ライオンでさえ、厳しい弱肉強食の世界で生きています。

まとめ

  • 1~数頭のオス + 10頭前後のメスと子 = プライド
    • リーダー 数年おきに変わる
    • メス 生涯おなじプライド (社会性が高い)
    • オス 3歳ごろプライドを出る → プライド獲得に励む
  • 仕事
    • リーダー パトロールと繁殖活動(ハネムーン)
    • メス 育児と狩り
  • プライドをもてないオス = 放浪ライオン(ノマド、コアリション)

みなさん野生ライオンの生活をメージできましたか?

協力して子育てと狩りをおこなうメスライオン。先祖代々の縄張りをまもるために、強いオスライオンを迎えいれています。

プライドのため、子孫を残すために尽力するオスライオン。プライドをもてなければ死、ハネムーンに耐えられなければ死、という過酷な日々を送っています。

百獣の王ライオンでさえ生き抜くことがむずかしい自然界。

いまわたしたちがいかに便利な世の中に生きているかを感じさせる事実です。この人間社会をつくるために多くの植物や動物が犠牲になっています。

ちいさなことに感謝し、ものを大切に、日々生活しましょう。

以上、ライオンのプライドとノマドでした。

【参考】

国際自然保護連合

日本動物園水族館協会