ジャイアントパンダ繁殖の壁とは?赤ちゃんパンダに会いに行こう

パンダの繁殖|動物の豆知識

こんにちは。
今回は、世界中の動物園で大人気のジャイアントパンダについてお話します。

今回のおもな内容

世界三大珍獣として知られているジャイアントパンダ。中国では国家一級重点保護野生動物に指定され、中国三大珍獣と言われています。

昨年、日本では上野動物園のシャンシャンや和歌山県アドベンチャーワールドのサイヒン誕生が大きな話題となりました。

ライオンやクマの誕生はさほどニュースにはならないのに、なぜパンダだけが注目されるのでしょうか?

そこで、パンダの繁殖がどれほど難しいものか、皆さんにご紹介します。

ジャイアントパンダ繁殖の難しさ

パンダの発情期

ジャイアントパンダの発情期は非常に短く、妊娠可能な期間は1年のうち数日のみ。しかも、飼育下のオスパンダは繁殖能力が低い。

さらに、好みにうるさいパンダ。メスは、気に入らないオスには威嚇し、近寄ることさえ許さないそうです。

以上のことより、パンダの繁殖は非常にむずかしいと言われています。

当然パンダの数が少ない動物園では、自然交配による繁殖に成功する可能性はとても低い。

神戸市王子動物園 ジャイアントパンダ
パンダの発情期は短く、見極めが難しい。

ちなみに、これまでに上野動物園において、自発的な交尾により生まれ、かつ元気に成長しているジャイアントパンダは、シャンシャンのみです。

偽妊娠

偽妊娠とは、実際には妊娠していないのに、妊娠中のように体や行動の変化が起きること。

ジャイアントパンダの偽妊娠は、とくに珍しいことではありません。

交尾のあとに起こる偽妊娠では、出産の時期になるまで真偽の判断は難しいと言われています。

リーリーとシンシン

上野動物園のシャンシャンは、オスのリーリー13歳とメスのシンシン13歳の間に生まれました。

2012年には2頭の第1子が誕生しています。しかし、生後6日で死亡が確認されました。翌2013年の交尾では、偽妊娠でした。

シンシンの偽妊娠以来、リーリーとシンシンの間に交尾は確認されませんでした。 5年ぶりにめでたく妊娠、出産に成功したシンシン。

ところが、パンダの繁殖の困難は、妊娠と出産だけではありません。

赤ちゃんパンダの生存率

リーリーとシンシンの第1子のように、パンダの赤ちゃんは生後間もなく亡くなる例が多々あります。

野生において、ジャイアントパンダの子の生存率は60%程度。初産では、7割ほどが生後1週間以内に命を落とすと言われています。

パンダの妊娠期間はおよそ5か月。体重100キロ以上のおとなに対して、ジャイアントパンダの赤ちゃんは200グラム以下。未熟児の状態で誕生します。

体の機能が完成しておらず、非常に不安定な状態で母親のおなかから出てきます。そのため、体温調節や排泄など母親の手助けが必ず必要となります。

半分の確率で双子が生まれるジャイアントパンダ。

しかし、母親は1頭しか育てることができません。また、あまりに小さく誕生するため、わが子と認識できないこともあるそうです。

そのため、赤ちゃんパンダは母パンダに育児放棄されたり、踏みつぶされたりして死亡することがあります。ジャイアントパンダの赤ちゃんが無事に誕生しても、安心できない日々が続きます。

ジャイアントパンダの保護と人工繁殖

生息数が1000頭ほどに落ち込んだジャイアントパンダ。危機的状況を打破するために、中国ではジャイアントパンダの保護活動が行われています。

2015年には、およそ1800頭の野生のパンダが確認されました。

保護されたパンダの中には、繁殖に成功する個体もいます。成都ジャイアントパンダ繁殖基地では、遺伝子管理が行われており、人工授精に成功しています。

また、育児技術の研究により、パンダの出産率だけでなく生存率にも、大きく貢献しています。

アドベンチャーワールドにおけるパンダの繁殖

たくさんのパンダが見れることで有名な和歌山県のアドベンチャーワールド。

これまでにジャイアントパンダが16頭誕生しています。中国を除けば、世界一の繁殖数です!

しかも、このうち15頭の父親はエイメイです。

エイメイ(永明)

新鮮な竹しか食べないという食へのこだわりが強いエイメイ。性格は穏やかで、メスの発情期にもやさしく接するそうです。

そのため、メスの抵抗を受けることが少なく、自然交配に何度も成功しています。魅力的で繁殖能力が高い、文句なしのオス!

そんな理想のオスパンダ、エイメイは現在25歳です。野生での寿命が20年ほどのパンダ。エイメイはヒトで言うと70~80歳と、ご高齢です。

世界でも有数のパンダと言われるエイメイ、ぜひ会いに行きたいです。

パンダの赤ちゃんを見に行こう!

現在、日本には2頭の子パンダがいます。

シャンシャン(香香)

昨年12月に1歳半を迎えたシャンシャンは、母親リーリーとの別居が完了しています。現在、単独で展示されており、観覧列に並べば終日会うことができます。

ただ、ジャイアントパンダの観覧列は16時に締め切られます。混雑時には時間を早めるようなので、ご注意下さい。


サイヒン(彩浜)

2018年8月に誕生したサイヒンは、エイメイと ラウヒン(良浜) の9番目の子。

現在ブリーディングセンターで母親のラウヒン(良浜)とともに公開中です。 10:15~15:00までなので、ご注意ください。

繁殖がむずかしい動物ジャイアントパンダ。2年連続めでたい話題が続き、なによりです。シャンシャンもサイヒンもすくすく成長しますように。

以上、ジャイアントパンダの繁殖のお話でした。


Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です