クロサイとシロサイの違いは?サイの生態と特徴!サイに会える動物園

05/01/2020

大きな体に立派な角を持つ動物、サイ。

ひとくくりに「サイ」と呼ばれたり、ときにはカバと間違われたり、ゾウやキリンに比べるとマイナーな存在かもしれません。

今回は、サイの種類や生態、サイに会える動物園など知りたかったサイ情報を紹介します。サイについて学んでから、動物園に会いに行きましょう!

平川動物公園 シロサイ

サイの種類

サイは、ひづめの数が3つの草食動物。いわゆる奇蹄目(ウマ目)に分類されます。 現在生存しているサイは、大きく5つに分けられています。

        
  • シロサイ
    サイ属。アフリカ中央と南部に生息。IUCN近危急種(NT)。
  • クロサイ
    クロサイ属。アフリカ東部~南部に生息。IUCN近絶滅種(CR)。
  • スマトラサイ
    スマトラサイ属。インドネシアやマレーシアに生息。IUCN近絶滅種(CR)。
  • インドサイ
    インドサイ属。インド~ネパールに生息。IUCN危急種(VU)。
  • ジャワサイ
    インドサイ属。インドネシア、ジャワ島西部に生息。IUCN近絶滅種(CR)。

ジャワサイはインドサイ属ですが、その他はそれぞれ独立した属を持ちます。

インドサイ属のみ、角が1本。一角犀という呼び名があります。

ミナミシロサイ以外は、すべて絶滅危惧種に分類されています。

日本で飼育されているのは、シロサイ、クロサイそしてインドサイの3種類です。この3種類のサイを詳しく見ていきましょう。

シロサイ

サイ科の最大種と言われるシロサイ。アフリカのサバンナに生息し、おもに草を食べます。

オスの方が大きく、体長4メートル、体重3トンを超す巨体もいます。

シロサイの角は2本。口側の角の方が長く平均90センチほど。なかには1メートル以上の角を持つ個体もいます。

アフリカ大陸南部(南アフリカ共和国やジンバブエなど)に生息するミナミシロサイと、中部(コンゴ民主共和国や中央アフリカ共和国など)に生息するキタシロサイが存在します。

サイの代表!ミナミシロサイ

ミナミシロサイはサイの中では最も数が多く、動物園でもしばしば見かけます。

平川動物公園 シロサイ

19世紀末には絶滅寸前となり、50頭以下だったミナミシロサイ。法整備や保護活動により、徐々にその数を増やし、2012年には20,000頭以上に回復しました。

一方、ミナミシロサイの80%以上が生息する南アフリカでは、クルーガー国立公園における大規模な密猟が発生。増えていたミナミシロサイが、激減しました。

2014年をピークに密猟は減少しているものの、ここ5年間で5,000頭ものシロサイがいなくなりました。

現在も、ボツワナやケニアなどの一部地域では、ミナミシロサイの増加が続いています。しかし、南アフリカでの減少が大きいため、全体的なミナミシロサイ個体数は減少傾向にあります。

推定1万8千頭のミナミシロサイ。その中で繁殖可能な個体は、1万頭以下と考えられています。将来絶滅の可能性があり、IUCN近危急種(NT)に指定されています。

絶滅は避けられない?!キタシロサイの現状

サイの中で最多のミナミシロサイとは対極的に、キタシロサイは残り2頭のみ。

かつては、ウガンダや南スーダン、コンゴ民主共和国などに分布していました。

乱獲や内戦などにより、キタシロサイの個体数は急速に減少。2006年以降、生存したキタシロサイは確認されていません。

チェコ共和国の動物園で飼育されていた最後の4頭(オス2頭、メス2頭)は、子孫を残すべくケニアの保護区に移されました。しかし、繁殖成功には至らず、2014年と2018年にオスが亡くなりました。

残された2頭のメスとミナミシロサイとの交配も、うまくいかないだろうと予想されます。

そこで、現在は、残るメスの卵子と冷凍保存されたキタシロサイの精子を用いた、体外受精の研究が続けられています。もし受精に成功したら、ミナミシロサイを代理母とする計画です。

大切な種を救えるかもしれないという期待が膨らみます。

一方、絶滅させるのも、生存させるのも、ヒト次第という事実に憤りを感じます。そもそも狩猟や戦争をしなければ、キタシロサイの今の状況はありません。

わたしたちが犯してきた罪の深さを、動物たちが身をもって教えてくれています。

最後の2頭のキタシロサイは、ケニアのオルペジェタ自然保護区で現在も飼育中です。

クロサイ

おもにアフリカ大陸東部から南部に生息しています。クロサイはシロサイが生息する草原より、木々の生えたところを好みます。

名古屋市東山動植物園 クロサイ

体長3メートル、体重1トン程度。シロサイ同様2本の角を有しています。

1960年代には10万頭もいた野生のクロサイは、現在5,500頭ほどしかいません。

クロサイの亜種

4亜種(South Eastern, Eastern, South Western, Western)存在しています。

ニシクロサイは、アフリカ中西部に生息していました。しかし、カメルーン北部で確認されたのを最後に、絶滅種(EX)と判定されました。

ナンセイクロサイは、ナミビアと南アフリカ南部に生息。再導入に成功し、生息数は2,200頭ほど。現在も増加中です。さらに、繁殖可能な個体が1,000頭を超え、近危急種(NT)と再評価されました。

ナントウクロサイは、南アフリカとタンザニア南部に生息。ミナミチュウオウ(Southern-central)クロサイとも呼ばれています。生息数は2,300頭ほどですが、減少率が高いため近絶滅種(CR)に分類されています。

ヒガシクロサイは、ケニアやタンザニア北部に生息。保全活動やパトロールにより生息数は30年間でほぼ倍になり、2017年に1,000頭を超えました。増加傾向ではあるものの、その数の少なさから近絶滅種(CR)に指定されています。

ヒガシクロサイは、本来の生息地ではない南アフリカの民間動物保護区にも生息しています。今後、南アフリカのクロサイは、かつての生息地へ返される予定です。

日本の動物園で飼育されているクロサイは、すべてヒガシクロサイです。

オークションで動物を狩る権利を落札!

2014年、絶滅に瀕しているクロサイの狩猟許可がオークションにかけられました。なんと、出品者はクロサイの保有国であるナミビア政府。

結果は、35万ドル(4000万円以上)という高額でアメリカ人が落札しました。動物の命をお金で取引するなんて!と驚いたことは隠し切れません。

しかし、むずかしい話はここから。

ハンターが支払った金額は、すべてクロサイの保全に充てられます。

つまり、ナミビアはクロサイを絶滅から救うために、クロサイを殺す許可を出したのです。そして、ハンターはその資金援助をした、という形になります。

狩猟許可が出たサイは、生殖不能な高齢の個体。

年老いたオスのサイはテリトリーを保持し続け、若いオスの脅威となっています。そのため、高齢個体の排除により、若い個体のテリトリー確保、繁殖機会増加などが期待されます。

クロサイの絶滅防止につながる良い行いだと、ハンターは述べています。

【You Tube】CNNによるハンターのインタビュー映像はこちら

一方、絶滅危惧種を狩れるならいくらでも出す、という富裕ハンターが増えるだけでは?保全のための除外はナンセンス、などネガティブな意見も多く存在します。

上記の件は、「オークション」「高額」ということで注目を浴びました。

サイのような希少な動物だけでなく、野生では問題行動を起こす動物や高齢となった動物が銃殺されている現実があります。保護区のレンジャーがやむなく射殺するより、資金調達のために富裕層を利用するのは、ひとつの手なのかもしれません。

同じ狩猟でも話題性があることを取り上げ、メディアや評論家がお金儲けをしているだけにすぎないという人もいます。

しかし、報道は動物たちが置かれている状況や保全のむずかしさ、大切さなどを多くの人の目や耳に届け、動物について考えるきっかけを与えたでしょう。

インドサイ

日本で会えるもう1種類のサイ、インドサイ。

東山動植物園 インドサイ

インド北東部からネパールの沼地や河川近くで生活しています。草や葉だけでなく、果実や水草などバラエティに富んだ食事をします。

サイの中では、シロサイに次ぐ大きさを誇ります。体長は3メートル以上、体重は2トン前後。角は1本だけ。英語では、Greater One-Horned(大きな一角を持つ)と称されています。

実際にはインドサイの角は、シロサイやクロサイほど長くありません。

一方、下顎に長い前歯が生えており、争いの際に利用します。

インドサイの特徴

1本の角も特徴的ですが、最も目を引くのは鎧のようなひだのある皮膚。

首周りにはひだが集中しており、急所を守る役割があると考えられています。全体的にほんのりピンク色。太ももや肩には、ボタンのような突起が目立ちます。

サイの習性である泥浴びにとどまらず、インドサイは水の中を泳ぎます。

さらには、カバのように潜ったりエサを食べたりすることも確認されています。

ユニークでチャーミングなサイです。

【YouTube】San Diego Zoo Safari Parkの泳ぐインドサイ親子を見る

密猟や生息地破壊により、一時は200頭以下に落ち込んだインドサイ。

インドとネパールにおける国立公園の制定や保全活動により、現在は3,500頭程度に回復しています。その70%以上が、インドのカジランガ国立公園に生息しています。

2008年に、絶滅危惧種(EN)から危急種(VU)に再評価されています。

シロサイとクロサイの見わけ方

日本で会える3種類のサイの中で、角が1つしかないインドサイは区別が簡単です。

では、シロサイとクロサイの違いはご存知でしょうか?

文字通り肌の色、ではないんです。サイを見ても、白ではないし、黒でもないですよね。

大きな違いは口元にあります。

サイの口の形

サバンナに住むシロサイは、地上の草を食べて生活しています。そのため、頭は長く、平たい口を持っています。

一方、低木地に住むクロサイは、木に生えている枝や芽などを食べます。高い場所にあるエサをとれるように、上唇は長く飛び出ています。英語では、Hook Lipped(鉤唇の)と呼ばれています。

また、シロサイと違って頭を上げないといけないので、クロサイは小顔です。

「幅広な口を持つサイ」という現地の言葉が、ホワイトライノーと間違って伝えられました。そして、同じアフリカ大陸に生息する別のサイを、ブラックライノーと名付けたと言われています。

シロサイとクロサイ
シロサイ:長い顔に幅広の口 クロサイ:小さい顔に長い上唇

クロサイの方が色が濃い?

写真を見てクロサイの方が黒いと思ったあなた。

泥浴びの習性があるサイは、生息地の土の色が肌にうつります。そのため、場所によってサイの肌の色は変わります。

つまり、黒いシロサイもいれば白いクロサイも存在するということです。

サイの区別をするときは、お顔を観察してください。比べてみると全く違うことがわかるでしょう。

ちなみにインドサイは木の枝や葉も食します。そのため、クロサイと同じような口の形をしています。

東山動植物園 インドサイ

サイの生態

サイは、雌雄ともに単独行動を好み、それぞれ縄張りを持ちます。境界にフンの匂いをまき散らせて、自分のテリトリーをアピールします。

サイの繁殖

繁殖期のみ雌雄が会合し、出産・育児はメスのみで行います。今のところ、決まった繁殖期はないと考えられています。

サイの妊娠期間は長く、15か月ほど。種によって異なりますが、40~60キロの赤ちゃんが誕生します。1度に1頭しか出産せず、授乳期間は1年以上に及びます。

子サイは、毎日数十リットルもの母乳を飲み、毎日数キロずつ大きくなっていきます。一見早いように思えますが、体重1トン以上のサイにとっては微々たるもの。比較的、成長に時間のかかる動物です。

雌雄ともに単独行動をとるため、サイの子は3歳ごろ母親の元を離れていきます。

安佐動物公園 クロサイの親子

メスの性成熟はおよそ3年。一方、オスは約8年かかります。

しかし、実際に初めて繁殖を行うのは、メスが6歳、オスは10歳以上と考えられています。

サイは子殺しをする?!

サイの母親は、子が独立するまで発情することはありません。

つまり、長い個体では5年以上繁殖を行わない状態となります。そのため、生涯に生む子どもの数は5頭ほどと考えられます。

このことからも、サイの個体数回復が難題であるとわかります。

また、繁殖活動に盛んなオスが、メスの発情を促すため子を殺すことも確認されています。

サイの寿命

ゾウをはじめ身体が大きい動物は、寿命が長い傾向にあります。サイもそのひとつ。40~50年ほど生きると言われています。

福岡市動物園 シロサイ ロック
故ロック(推定45歳)

サイの感覚器

ところで、サイの目。良く見たことありますか?

大きな体や顔に対して、サイの目は非常に小さいです。

サイの目はほとんど見えてません!

実は、サイの視力は非常に悪いことがわかっています。

ときには、数メートル先のものすら見えないそうです。そのため、動くものに驚いて突進してしまう傾向にあります。

もしもサイに出くわしたときは、ゆっくりと離れ、視野から出るのが賢明でしょう。

目の悪いサイは、耳や鼻で周囲の状況を感じとります。

サイの耳は自由自在?!

ラッパのような形のサイの耳は、360度ぐるぐる自由に動かせます。耳が違う方向を向いてる姿も、しばしば見かけます。

さらに、残された他のサイの匂いを嗅ぎわけることができるほど、嗅覚が優れています。

オスは発情したメスの匂いを発見・追跡し、求愛活動を行います。

動物園では大きな音や強烈な匂いで、動物たちをびっくりさせないようにご注意ください。

シロサイ 福岡市動物園

サイの皮膚と角

サイの皮膚は非常に厚く、硬いことで有名です。ライオンの爪や牙もなかなか刺さらないほどの頑丈さ。厚いところでは、5センチほどあります。

しかし、触った印象は予想ほど硬くはありませんでした。ほんのりあたたかく、硬めの絨毯のような感触だったことを覚えています。

ちなみに、注射針は通りません。採血は皮膚の薄い耳から行っています。

サイの角は爪?

サイの角は、ウシのように骨でできた角ではありません。

ケラチンでできており、人間で言うと髪の毛や爪と同じ成分。

つまり、一生伸び続きます。われわれが爪を切るように、サイは自分で角を研がなければなりません。

そのため、角の形に器用さや性格が現れている気がします。

ぼこぼこしていたり、滑らかだったり。曲がっていたり、直線的だったり。1本はきれいだけど、もう1本はつぶれていることもあります。

1頭1頭、思い思いに角を研いでいるようです。

今回写真を載せているサイも皆、角の長さや太さが異なります。個体識別の鍵にもなりますので、ぜひチェックしてみてください。

ブロンクス動物園 シロサイ

サイの脚力

野生のサイは危険を感じたり興奮したりすると、およそ時速50キロで疾走します。

おとなのシロサイは体重2トン以上。非常に強い脚力の持ち主であることがわかります。

動物園では危険が少ないうえに敷地が狭いため、走るサイを見ることはほとんどありません。

一方、開放的なサファリパークではダイナミックな様子を見れるかもしれません。

サイの天敵

サイは子どもと言えど100キロほど、捕食動物にとって十分な食料です。アフリカではライオン、アジアではトラなどの大型肉食獣に狙われることがあります。

一方、体長3メートル、体重1トン以上という巨体のおとなサイに挑むものは、ほぼいません。

唯一と言っていいサイの天敵は、わたしたち人間。

密猟

すべてのサイを対象に、角を目的とした密猟が後を絶ちません。

現在、主な密輸先はアジア。

刀の柄としてサイ角を利用してきた中東では、近年、需要が減少傾向にあります。

一方、漢方医学では解熱鎮痛や滋養強壮の効果があるとして、現在でもサイ角が使われています。前述したように角の成分はケラチンです。科学的根拠は全くありません。

また、ベトナムでは富豪や権力のシンボルとして人気が高まり、新たな市場が生まれています。

金より高値で売買されることもあり、組織的な密猟グループが関与しています。彼らはサイを殺すことには興味なく、サイの角を獲ることだけが目的です。

しかし、密猟者が強大なサイ相手に素手で立ち向かうわけはなく、当然銃を使用します。結果的に、射殺もしくは重傷により死亡するケースがほとんどです。

サイ密猟被害数(2017年)は、1000頭以上!

近年では、動物園にも密猟者が現れ、角を持ち去るという事件も起こっています。

角をそぎ落とされたサイの無残な姿。どうしてこんなことができるのだろう、と怒りと悲しみでいっぱいになります。

保護活動の一環として、密猟の対象にならないよう角を切る行為が実施されています。殺されないための苦渋の決断でしょうが、非常にざんねんに思います。

いっそ取引を解禁したら密猟が減るのではないかという意見もあり、世界中でサイ絶滅防止に関する話し合いが続けられています。

絶滅の危機に瀕し、さまざまな犯罪や議論の的となるサイ。

密猟や生息地破壊は、サイだけでなく多くの絶滅危惧種の脅威となっています。

動物の大切さ、自然の尊さを、少しでも多くの人に理解していただきたいです。

熊本市動植物園 クロサイ


サイに会える動物園

サイがどれほど貴重な動物かおわかりいただけだでしょうか?

現在日本では、ありがたいことに北海道と沖縄を除く全国の動物園でサイの飼育を行っています。

シロサイに会える動物園

12の動物園で、40~50頭のシロサイが飼育されています。動物園で会えるシロサイは、国内外問わず、すべてミナミシロサイです。

  • 盛岡市動物公園
  • 那須サファリパーク
  • 群馬サファリ
  • 東武動物公園
  • 富士サファリ
  • 日本平動物園
  • 伊豆アニマルキングダム
  • 豊橋総合動植物公園
  • アドベンチャーワールド
  • 姫路セントラルパーク
  • アフリカンサファリ
  • 平川動物公園

とくに、広大な敷地を有するサファリパークでは、複数頭のサイを展示しているので、おすすめです!

アフリカンサファリ シロサイ
アフリカンサファリは5頭のサイを展示(2018年9月)

日本のシロサイが増えました!

2018年9月、和歌山県のアドベンチャーワールドに2015年生まれの個体(オス1頭、メス2頭)が、南アフリカから導入されました。合計7頭という大所帯です。

もともといる4頭に比べるとわずかに小柄ですが、立派なシロサイです。角突きをするなど少し幼さを感じます。

アドベンチャーワールド シロサイ3頭
アドベンチャーワールドの新しい仲間(2019年5月撮影)

また、愛知県の豊橋総合動植物公園にもメス1頭(2016年生)が加わり、計3頭となりました。

2019年12月、福岡市動物園に南アフリカから2017年生まれのサイ(オス1頭、メス1頭)が来園しました。2016年に日本最高齢のオス、ロックが亡くなって以来、待望の再飼育です。

福岡市動物園 シロサイ
福岡市動物園の新しい仲間(2020年2月撮影)

シロサイの80%以上が南アフリカ共和国に生息しており、国を挙げて保護・繁殖活動を行っています。南アフリカの施設で生まれた個体は、世界中の動物園へと送られています。

日本にいるシロサイの多くも、南アフリカ出身です。

シロサイの赤ちゃん誕生!

なかなかシロサイ誕生のニュースが届かないなか、2019年12月、待望のシロサイの赤ちゃんが富士サファリパークで誕生しました。

2020年7月より、一般公開されています。貴重なシロサイの赤ちゃんに会いに行きたいですね!

https://twitter.com/fuji_safari1980/status/1248029658001502208

クロサイに会える動物園

11の動物園で、20頭以上のクロサイが飼育されています。日本で飼育されているクロサイは、ヒガシクロサイだと思われます。

  • 八木山動物公園
  • かみね動物園
  • 上野動物園
  • 金沢動物園
  • よこはま動物園ズーラシア
  • 東山動植物園
  • 天王寺動物園
  • 安佐動物公園
  • とべ動物園
  • 熊本市動植物園
  • 平川動物公園
  • クロサイの赤ちゃん誕生!

    一方、仙台市・八木山動物公園では1頭のメス(ラン)が誕生。元気に走りまわる姿がとても可愛らしく、いつまでも見ていれる光景です。

    八木山動物園 クロサイ親子 ラン
    娘ランと母ユキ(2019年7月撮影)

    さらに、2019年9月には愛媛県立とべ動物園で1頭のオス(フー)が生まれました。

    https://twitter.com/tobezooofficial/status/1248405241239760909

    貴重なクロサイ繁殖に成功したことを、とても嬉しく思います。

    めったに見れないクロサイの赤ちゃん、ぜひぜひ会いに行きましょう!

    【広告】総合旅行予約サイトの楽天トラベル

    クロサイ界のトップ?!安佐動物公園

    2018年9月、広島市安佐動物公園のハナが、クロサイ世界最高齢の推定52歳でその生涯を終えました。

    パートナーだったクロ(2011年没)も、推定44歳と長生きでした。

    安佐動物公園 ハナ クロサイ

    しかし、この安佐動物公園は、長寿だけがトップではありません。

    日本クロサイ界の半数がハナの子孫になるほど、繁殖に成功しました。ハナとクロの間には、10頭の子が誕生しました。

    さらに、1999年ホノルル動物園からやってきたオス(ヘイルストーン)とハナの娘(サキ)にも子が誕生しています。

    安佐動物公園では、現在までに19頭のクロサイが誕生!八木山動物公園で母となったユキも、とべ動物園で父母となったストームとクーも、安佐動物公園生まれです。

    スタッフさんの努力のたまものです。これからもクロサイ繁殖のリーダーとして動物園界を牽引していただきたいです。

    安佐動物公園 クロサイの親子
    故ハナの孫ニコと娘サキ(2018年6月撮影)

    クロサイとシロサイに会える!平川動物公園

    鹿児島市の平川動物公園は、日本で唯一クロサイとシロサイの2種を展示しています。

    間違われがちな2種を、実際に見て確認できる貴重な動物園です。

    にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

    インドサイに会える動物園

    世界的に希少なインドサイ。日本では4か所の動物園で会うことができます。

          
    • 多摩動物公園
      ター(1996年生) ゴポン(1999年生)  ビクラム(2001年生) ナラヤニ(2001年生)
    • 金沢動物園
      キンタロウ(1983年生)
    • 東山動植物園
      ニルギリ(1991年生) セラ(2003年生) ブンタ(2009年生)
    • 秋吉台サファリ
      チャンプ(2014年生)

    横浜市の金沢動物園、名古屋市の東山動植物園では、クロサイとインドサイの2種を展示しています。

    インドサイ誕生するか?!

    金沢動物園は、クロサイ、インドサイともに繁殖に成功した実績があります。インドサイの繁殖は国内で6例しかなく、そのうち3例が金沢動物園です。

    最近では、2017年にクロサイのオス(誕生後まもなく死亡)、2014年にインドサイのオス、チャンプが誕生しています。

    チャンプは、2016年に山口県・秋吉台サファリに移動しました。父親のキンタロウは国内最高齢のインドサイで、現在も金沢動物園で暮らしています。

    母親のゴポンはさらなる繁殖を目指して、2020年12月から多摩動物公園で飼育されています。若いオスが2頭いる多摩動物公園で、新しい命が誕生することを期待します。

    秋吉台サファリ インドサイ
    秋吉台サファリのチャンプ(2016年10月撮影)

    サイと密猟は切っても切り離せない関係です。密猟防止策が取られていなかったら、今頃サイは絶滅しているでしょう。

    わたしたちが動物園でサイに会えることは、とても貴重でありがたいことです。

    口や耳など細かいところに注目して、サイの種類や生態をじっくり確認してみましょう!

    以上、サイの豆知識でした。

    【参考】

    Save the Rhino

    IUCN