クロジャガーとクロヒョウ「黒変種」とは?ブラックパンサーに会える動物園

03/10/2021

ブラックパンサーやブラックジャガー、みなさんも一度は耳にしたことがあるでしょう。ぱっとイメージできる方も多いかもしれません。

では、なぜ黒いのか、どこにいるのか、他のヒョウやジャガーとは違うのか、など気になりませんか?

意外と知らないクロジャガーとクロヒョウの正体に迫りましょう!

平川動物公園 クロヒョウ

黒変種とは?

クロジャガーやクロヒョウは遺伝により体毛が黒くなった、黒変種(メラニズム)と呼ばれます。

黒変種は、メラニンに関連する変異種。メラニンは黒~橙赤色の色素で、紫外線を吸収し皮膚を守る働きがあります。そのため、通常の個体も有する色素です。

しかし、黒変種は遺伝的に黒い色素(メラニン)をより多く有しています。そのため、体毛全体が黒い個体になります。

神戸市立王子動物園 クロジャガー

黒変種の誕生

メラニンを多くつくる黒変遺伝子は、親から子へと遺伝します。クロヒョウは劣性遺伝子によって、クロジャガーは優性遺伝子によって誕生します。

一般的に、黒変種同士の交配で生まれた子は、黒変種となります。また、優性遺伝子(ジャガー)の場合は片親が黒変種であれば、その子は黒変種になる可能性が高いです。

一方、劣性遺伝子(ヒョウ)の場合、たとえば父親が黒変種であっても、その子が黒変種になる可能性は非常に低いです。なぜなら、母親が黒変遺伝子をもつ通常種であり、その黒変遺伝子が子に受け継がれなければ、生まれえないからです。

しかし、統計によるとクロヒョウは全体のヒョウの10%以上を占めています。これは、光の届かない熱帯雨林においては、黒変種の方がカモフラージュに優位とされ表現化するからではないか、と考えられています。

いまだ議論の的となっていますが、黒変遺伝子が優位であるジャガーは熱帯雨林に生息するため、合点がいきます。

実際に、サバンナや砂漠の多いアフリカで黒変種が発見されるのは、非常に稀です。2019年2月、アフリカ・ケニアで110年ぶりに野生のクロヒョウが観察されました。

クロヒョウとクロジャガー

クロヒョウやクロジャガーは遺伝的に色が異なるだけで、亜種ではありません。

そのため、通常のジャガーやヒョウと生態は同じです。

つまり、生息地や大きさ、食べるものなどはもちろん、黒一色に見えても模様の特徴も同じです。

クロジャガーがいる動物園

国内のクロジャガーは4頭のみ。4か所で1頭ずつ飼育されています。

        
  • 日本平動物園
    小梅(2018年生)
  • 京都市動物園
    ミワ(2013年生)
  • 王子動物園
    アトス(2009年生)
  • 平川動物公園
    ボスキ(2013年生)

お見合い中!日本平動物園

日本平動物園には、2003年アメリカからやって来たクロジャガー、アラシがいました。人気者だったアラシですが、2018年10月に死亡しました。国内最高齢の17歳でした。

悲しみに暮れるなか、2019年3月、南アフリカ共和国から1頭のメスが来園しました。小梅と名付けられたそのジャガーは、なんと黒変種!

現在、2歳を過ぎた小梅は、着実におとなへと近づき定期的に発情期を示している様子。また、パートナーとなる卯月 小助(4歳)との相性も良さそうなので、繁殖が大いに期待できるペアです。

上記のとおり、ジャガーの黒変遺伝子は優性遺伝子のため、繁殖に成功すればクロジャガーが誕生するでしょう。

クロジャガーの繁殖に成功!王子動物園

王子動物園のアトスは、2013年ポーランドのワルシャワ動物園からやって来ました。2010年にカナダより来園していたメスのローラと結ばれ、2013年にボスキとミワが誕生しました。

2014年に、ボスキは平川動物公園へ、ミワは京都市動物園へと移動しました。

平川動物公園 クロジャガー

その後、2016年にローラが6歳という若さで死亡しました。まだ若い2頭だっただけに、非常にざんねんでした。

そして2020年11月。ついに、嬉しいニュースが飛び込んできました。南アフリカ共和国からメスのネリア(2018年生)が、王子動物園にやって来たのです。

年の離れたペアですが、仲良くなることを願っています。

クロヒョウがいる動物園

日本でクロヒョウを飼育している動物園は2か所のみ。個体数は7頭です。

  • 浜松市動物園
    シム(2007年) シュヴァルツ(2010年生) セナ(2018年生) ソラ(2019年生) ソル(2019年生)
  • 平川動物公園
    スー(2015年生) セピア(2018年生)

浜松市動物園のシムにはリリという妹がいます。リリは2010年に群馬サファリパークへ移動しました。お知らせはありませんが、2019年ごろ亡くなっています。

シュバルツは2011年にドイツ・ベルリン動物園からやって来ました。シムは平川動物公園よりブリーディングローンにより来園しました。

2頭の相性は良く、現在までに3回の繁殖に成功しています。クロヒョウ同士の交配による子は、すべてクロヒョウとなることが証明されています。

浜松市動物園公式サイトのスタッフ日記では、現在飼育されている5頭の特徴が記載されているので、訪れる際には要チェックです。

平川動物公園 クロヒョウ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

クロヒョウとクロジャガーは日本で見れなくなる?!

珍しいクロヒョウやクロジャガーが絶えないよう、動物園では黒変種同士のペアが好まれています。

クロジャガーにおいては、新しい血統(小梅)の来日や、優性遺伝子であることから、今後クロジャガーの赤ちゃんが生まれる可能性は十分にあります。

ところが、ヒョウの黒変種はひと家族のみ。

近親交配で生まれた子は奇形や病気を持って生まれ、短い人生を送る傾向があります。そのため、動物園での意図的な近親交配は問題視されています。

現時点では、シムとシュヴァルツの1組のみが繁殖可能なクロヒョウです。

ワシントン条約で商業目的の取引が規制されているジャガーとヒョウ。黒変種となるとさらに個体数は少ないのが現状です。

日本でクロジャガーやクロヒョウが見れなくなる日は、そう遠くないかもしれません。

ぜひ、実物を見に動物園に足を運んでみてください!