日本に15か所【ヒョウに会える動物園】一覧とニュースまとめ

06/15/2022

大型ネコ科動物「ビッグキャット」にかぞえられるヒョウ。世界には9種類のヒョウが現存しています。

日本動物園水族館協会(JAZA)によると日本にいるヒョウは「アムールヒョウ」と「ヒョウ」にわけられています。

単に「ヒョウ」と書かれているのは亜種が確定していないものと思われます。

ヒョウはIUCNレッドリスト危急(VU)に掲載されており、絶滅のおそれが高い動物です。

なかでもロシア極東に生息するアムールヒョウは、生息数100頭以下。絶滅寸前の深刻な危機(CR)にあります。

今回のzoo zoo diaryは希少動物であるヒョウに会える動物園をリスト化!さらにヒョウの赤ちゃん情報をお届けします。

福岡市動物園 ヒョウ

ヒョウの飼育施設

IUCNが絶滅を危惧しているヒョウ。個体数は減少をつづけ、野生で会うことはかなり困難となっています。

幸運なことに日本では15か所の動物園でヒョウに会うことができます。

アムールヒョウに会える動物園|10か所

アムールヒョウは極寒の地ロシア極東にすんでいます。とても狭い地域にたった100頭ほどしかいないといわれています。

寒さに耐えるため長い毛がぎっしり生えています。

アムールヒョウ 安佐動物公園 チャイム

現在、10か所の動物園でアムールヒョウが飼育されています。

アムールヒョウに会える動物園
  • 旭山動物園
  • 宇都宮動物園
  • 群馬サファリ
  • 東武動物公園
  • よこはま動物園ズーラシア
  • いしかわ動物園
  • 王子動物園
  • 安佐動物公園
  • 福山動物園
  • 大牟田市動物園

アムールヒョウの生態と特徴は別記事に掲載しています↓

ヒョウに会える動物園|5か所

JAZAが掲載しているヒョウとは亜種が明確ではないものと思われます。

現在、5か所の動物園でヒョウが飼育されています。

ヒョウに会える動物園
  • 富士サファリ*
  • 浜松市動物園*
  • とべ動物園
  • 福岡市動物園
  • 平川動物公園*

*クロヒョウを飼育しています

富士サファリ、浜松市動物園、平川動物公園ではクロヒョウが展示されています。

平川動物公園 クロヒョウ

クロヒョウについて詳しく知りたい方は「黒変種の解説」「クロヒョウの相関図」をご覧ください。

ペルシャヒョウは日本にいません

イランやアフガニスタンなど中東に生息するペルシャヒョウ。生息数は1000頭前後と推定されています。

東山動植物園 ペルシャヒョウ シラツ

かつて日本の動物園で会うことができたペルシャヒョウ。新しい個体の入手が難しく、徐々にその数は減っていきました。

長生きしてくれた名古屋市・東山動植物園のシラツ19歳(2015年没)や岩手サファリパークのグーフィ20歳(2019年没)は、わたしたちに貴重な存在を教えてくれました。

ペルシャヒョウのように、絶滅が危惧されている動物たちは動物園から姿を消していきます。

今ある命がいかに大切なものか、わたしたちの生活がいかに野生動物を苦しめているか。すべての人が考え、行動することが重要です。

ヒョウの赤ちゃんに会える動物園

野生でも動物園でもめずらしいヒョウ。喜ばしいことに、日本はヒョウの繁殖に成功しています。

王子動物園アムールヒョウ誕生!2015年・2019年

2015年、アムロ(2010年生)とポン(2008年生)の間にセイラ(メス)が誕生しました。王子動物園では、19年ぶりのアムールヒョウ繁殖でした。

そして、繁殖計画のもと、2018年に広島市安佐動物公園のアニュイ(2008年生)とアムロが交換。

さらに、セイラとアニュイの繁殖を促すため、母ポンが大牟田市動物園へ転出しました。

計画は見事に成功し、2019年7月、アニュイとセイラの間に3頭の赤ちゃんが誕生しました。

しかし、セイラは育児ができず、3頭は人工哺育となりました。

3頭はスク(メス)、ラム(メス)、トライ(オス)と名付けられ、元気に成長。のちにトライはよこはま動物園ズーラシアへ、ラムは福山市立動物園へ移動しました。

2021年4月現在、王子動物園ではアニュイ、セイラ、スクの3頭が飼育されています。

福岡市動物園ヒョウ誕生!2015年・2017年

福岡市動物園のサン(2009年生)とルナ (2009年生)は、2011年に南アフリカから日本へやって来ました。

めでたく2度繁殖に成功しています。

2015年にキララが誕生。自然哺育により元気に育ち、2016年に愛媛県・とべ動物園に移動しています。

そして、2017年にサナが誕生。サナもルナの愛情をいっぱいに受け、立派なヒョウになっています。

2022年4月現在、福岡市動物園では父サン、母ルナ、次女サナに会うことができます。

福岡市動物園 ヒョウの親子
キララとルナ(2015年8月撮影)

2015年から2019年にかけて、日本ではヒョウが6頭も誕生・生育しました。個体数が減少するなかとてもうれしいニュースです。

2022年4月現在、日本では15か所の動物園でヒョウに会うことができます。ぜひ美しくたくましいヒョウをじっくり観察してください。

以上、ヒョウに会える動物園でした。

【参考】

国際自然保護連合

日本動物園水族館協会