ワオキツネザルの生活やしっぽの役割とは?マダガスカルの動物

ワオキツネザル|マダガスカル島の動物

こんにちは。
今回は動物園のお話ではなく、私の大好きなワオキツネザルの紹介をしたいと思います。

今回のおもな内容:ワオキツネザルについて
  • しっぽ
  • 生活
  • 日課
  • ワオキツネザルとのふれあい
  • 現在の状況

映画でも大人気だったのでご存知の方も多いかと思います。ワオキツネザルはアフリカの東に浮かぶマダガスカル島に生息しています。

長崎バイオパーク ワオキツネザルの親子
長崎バイオパーク ワオキツネザルの親子

ワオキツネザルといえば、しましま模様のしっぽが特徴的。

この模様は、産まれたときからほとんど同じ。小さいながらに立派なしっぽが生えています。

みなさんは、ワオキツネザルのしっぽの役割をご存知でしょうか?

ワオキツネザルのしっぽ

しっぽでお知らせ

ワオキツネザルは仲間に居場所を知らせるため、長くて目立つしっぽを持っています。その分、敵にも見つかるのでは、と心配ですが。

しっぽでコミュニケーション

到津の森公園 ワオキツネザル
到津の森公園 ワオキツネザル

また、長いしっぽはコミュニケーションのツールとしても使われています。仲間の区別をしたり、においをつけて縄張りを主張するときに使ったりします。

ときにはマフラーのように首に巻き付けるなど、ワオキツネザルのしっぽにはいろんな用途があります。

個人的には、長いきれいなしっぽをゆらゆらと揺らしながら歩く姿が好きです。

さらに、活発に飛び回るワオキツネザルを見れたときには、大興奮です。

もちろん、動いていないときも長いしっぽをもてあましたり、仲間や小屋に寄りかかっていたり。ワオキツネザルののんびりとした雰囲気に癒されます。

時間帯を変えると、さまざまな表情を見せてくれるワオキツネザル。スケジュールに余裕のあるときは、ぜひ何度か立ち寄っていただきたいです。

上野動物園 ワオキツネザル
Ueno Zoological Garden

ワオキツネザルの生活

一般的に、キツネザルは樹上生活をしています。

ワオキツネザルも大半は木の上にいますが、地上を歩いて移動したり、岩場をぴょんぴょんと跳ねたりすることもあります。

ワオキツネザルの群れ

ワオキツネザルはニホンザルなどとは異なり、メス優位の群れをつくります。

ワオキツネザルの雌雄は外見上大きな差がありません。そのため、判別はむずかしいですが、強そうな方がメスかもしれませんね。

また、オスの中にも順位が存在することが知られています。

ワオキツネザルの戦い

優位な立場にいるオスは、メスに近づくことが許されています。一方、弱いオスは、強いオスにまとわりつく始末。

しかし、繁殖期になると、オス同士はメスをめぐる激しい争いを繰り広げます。

オスは手首に分泌腺を持っています。ホルモンを含んだ匂いのある液を出して、アピールします。より匂いが強烈な方が優位。

手首を振り上げ、一瞬にして勝敗が決まるという、ユニークな戦い。まれに匂いで決着がつかない場合は、取っ組み合いになるそうです。

ワオキツネザルの繁殖

ワオキツネザルの繁殖期は、4~5月。めでたく勝利したオスは、メスと交尾することができます。

妊娠期間は4か月ほどで、9月ころ出産のピークを迎えます。子育ては、母親のみで行います。

ワオキツネザルは、通常1度に1子を産みますが、双子の出産も確認されています。最近では、伊豆シャボテン公園で双子の赤ちゃんが誕生し、人気を博しています。

ワオキツネザルの成長

おとなのワオキツネザルの体重は3キロ前後ですが、赤ちゃんの体重は100グラム以下と、とても小さい。

長崎バイオパーク ワオキツネザルの親子
長崎バイオパーク ワオキツネザルの親子

ところが、おとなとほぼ同じ外見で、しっぽにも輪の模様が入っています。

生まれたばかりのワオキツネザルの赤ちゃんは、母親のおなかにしがみついて生活します。

2か月ほど経つと母親から離れるようになります。そして、4か月を超えるころには、ひとりで動きまわるようになります。

そのため、ワオキツネザルの出産間隔は約1年です。

ワオキツネザルのメスは2歳までに、オスは3歳までに性成熟を迎えます。

ワオキツネザルの寿命

野生では15年ほど、飼育下では20年近く生きると言われています。

ところが、ワオキツネザルは乳児死亡率が高いため、野生の平均寿命は5歳前後。

誕生した子のおよそ7割がおとなになる前に亡くなってしまうと言われています。

ワオキツネザルの指

ワオキツネザルは樹上で食事や睡眠をとるため、木につかまりやすいように指先が丸く進化したと考えられています。

ワオキツネザルの指

また、足の人差し指の爪だけ長く鋭い。

これはグルーミング(毛づくろい)するときに使うためです。サル界も人間界と同様、コミュニケーションが重要な世界です。

ワオキツネザルの日課

ところで、ワオキツネザルのこんなポーズ、見たことありませんか?

ときわ動物園 ワオキツネザル 日光

見た目通り、ひなたぼっこです。

体温調節が苦手なワオキツネザルは、太陽の熱を利用して体をあたためます。

手を広げるあたりが、なんともにくい。

野生でも、ワオキツネザルは日光浴を行っています。群れのみんながいっせいにひなたぼっこしていると、なおかわいいです。

到津の森公園 ワオキツネザル
到津の森公園 ワオキツネザル

天気のいい日に行ってみると、見れる確率アップかもしれません。

また、愛知県日本モンキーセンターや神戸どうぶつ王国などでは、ストーブで暖をとるワオキツネザルを見ることができます。ぜひ冬に訪れたいです。

ワオキツネザルとのふれあい

静岡県の伊豆シャボテン公園や埼玉県の東武動物公園など、ワオキツネザルにエサやりをできる動物園もいくつかあります。

すべてではないかもしれませんが、調べた範囲で記載しておきます。

  • 岩手サファリパーク
  • 東北サファリパーク
  • 那須ワールドモンキーパーク
  • 東武動物公園
  • 伊豆シャボテン動物公園

上記以外に、不定期でワオキツネザルのエサやりを行っている動物園もあるので、要チェック。

ちなみに、鹿児島県の平川動物園と山口県のときわ動物園では、ワオキツネザルのエサやりイベント情報を聞いたことがあります。

わたしはまだワオキツネザルにさわったことはないですが、チャンスがあれば必ず!そのときはzoo zoo diary~動物園巡り~で報告したいと思います。

ワオキツネザルの現在

むかしむかし大陸から切り離され、天敵が少ない環境で独自の進化をとげたマダガスカル島のキツネザルたち。現在は、ヒトによる密猟や森林破壊によって、その数は減り続けています。

IUCNでは絶滅危惧種ENワシントン条約では附属書Ⅰに指定されています。

遠い国で関係ないようですが、わたしたちの生活が環境にも動物にも影響しています。環境にやさしく生きていこう、と改めて感じます。

平川動物園 ワオキツネザル
平川動物園 ワオキツネザル

今回の記事を読んで、ワオキツネザルに興味を持っていただけたらうれしいです。

以上、ワオキツネザルの豆知識でした。

※2018年3月更新

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です