ゾウのはな子がいた福岡市動物園のアクセスや駐車場情報

アクセスとゾウのはな子|福岡市動物園1

こんにちは。
zoo zoo diary記念すべき第1回目の動物園は、福岡県福岡市の福岡市動物園です。

わたしが動物園を好きになったきっかけでもある動物園で、思い出がたくさんあるところです。

今回のおもな内容
  • アクセスと営業案内
  • ゾウのはな子

福岡市動物園は100種類以上の動物を飼育しており、ツシマヤマネコの繁殖やオランウータンとテナガザルの混合展示など、たびたび話題になる動物園です。

また、定期的なイベントはもちろん、福岡市の企業とコラボレーションイベントを行ったり、オリジナルグッズを制作したり、いろんなことに取り組んでいます。

福岡市へのアクセス

福岡空港

空の窓口、福岡空港は福岡市博多区にあり、地下鉄が乗り入れているため博多駅までおよそ5分とアクセス抜群。

東京・大阪・名古屋はもちろん、札幌から沖縄まで日本各地の路線が運航されています。

空港から市内中心部への移動

福岡空港ご利用の方は、到着口のある1階から案内を頼りに地下へと降りると福岡空港駅につながっています。1階からは九州各地への高速バスや博多駅など中心地への路線バスが出ています。

ほとんどの方が地下鉄を利用して博多駅方向へ行くため、路線バスは比較的空いてると思います。荷物が多いと乗り降りがたいへんかもしれませんが。

どちらにしても空港から15分程度で、中心地まで行けるのが福岡空港の魅力のひとつです。

わたしは、時間帯や荷物の状況などによってどちらも利用します。

大きいスーツケースを持ったり急いだりしているときは地下鉄。荷物が少なく時間に余裕のあるときはバス。と言った感じです。

フェリーと新幹線

関西、四国からは北九州市門司港にフェリーで行くこともできます。そこから車で九州旅行なんて言うことも、できちゃいます。

もちろん新幹線でお手軽に訪れることもできる、なんとも便利な福岡市。

車での来園はおすすめしません

経路はGPSで問題ないです。しかし、休日にお車で行く予定の方は要注意。

福岡市動物園の駐車場

福岡市動物園の正門前駐車場は非常にせまいので、開園後すぐ満車になります。満車になると動物園西門近く、もしくは植物園の駐車場へ案内されます。

しかし、これらもしばらくすると満車になります。

すべて満車になると係の方が周辺の有料駐車場マップをくれますので、ひたすら空いているところを探す。と言う状態になります。

なので、わたしは正門前に駐車したいときは必ず開園前に到着するようにしています。平日でも遠足などのイベントと重なるときは、すぐ埋まってしまいます。

午後に来園するときや買い物するときなどは、薬院大通駅近辺もしくは動物園行きバス路線沿いのパーキングに停めて行くようにしています。

宿泊予定の方は、ホテルに駐車したままバスか徒歩で行く方が良いかもしれません。中心地は駐車場も高く、車も多いので。

参考までに、福岡市のホテルはこちらからご覧になれます。

動物園周辺は道路も狭く、カーブに上り坂あり。周辺の有料駐車場も入りにくいところが多いです。

土日祝日はとくに混雑しますので、公共交通機関を利用して行くことをおすすめします。

公共交通機関で福岡市動物園へ行こう!

薬院大通駅から動物園へ

地下鉄薬院大通駅が福岡市動物園の最寄り駅です。

と言っても徒歩で15分ほどかかります。距離的にはたいしたことないですが、ずっと上り坂なので、冬でもちょっと汗ばむような感じ。

動物園に行く前から歩くのは嫌。という方は駅2番出口すぐの薬院大通りバス停へ。56,58番いずれかに乗車すると動物園前に停車します。

これらのバスは博多駅前、天神協和ビル前(地下鉄天神駅すぐ)などからも乗車できます。

博多駅バス停から動物園へ

博多駅のバス停は博多口を出て一直線のところにあります。右手にある博多バスターミナルではありませんので、ご注意ください。

博多駅前のバス停はA~Eまでありますが、動物園前行き58番はBに来ますのでお間違いなく。

お得なチケット

西鉄電車をご利用する方は、福岡市動植物園きっぷという乗車券と入園券を含むお得なセット券が販売されているようです。窓口で購入できるので要チェックです。

また、期間限定で無料シャトルバスが運行していることもあるので、要チェックです。

福岡市動物園の営業案内

福岡市動物園の営業時間は9:00-17:00。入園料はおとな600円。高校生は半額で中学生以下は無料とリーズナブル。さきほど紹介した3つの駐車場は1日500円です。

期間限定で夜間開園のイベントを実施しています。夜の動物園は大混雑ですのでご用心ください。

動物サポーターとは?

ちなみに、わたしがたびたび参加している福岡市動物園のバックヤードのツアーやガイドは動物サポーター限定のイベントです。

1500円の寄付で年間パスポートがもらえます。そして、2000円以上の寄付で限定イベントに参加できます。

さらには動植物園だよりという雑誌ももらえます。この雑誌が良くつくられており、読みごたえがあっておもしろいです。

サポーター限定ガイドは毎月行われており、年に2回特別なツアーも行っています。また、寄付金は動物たちのエサ代として使われるそうです。

年に3回くらい行く方はぜひ、サポーター登録を!!

福岡市動物園のリニューアル

福岡市動物園は10年ほど前から大規模な再生事業を進めています。

現在は、動物園正門付近の工事を行っているため、仮の案内所と入園門が設置されています。最新の情報は福岡市動物園公式HPでご確認ください。

【追記】2018年10月、新エントランスが完成しました。

2030年ごろには、すべてのリニューアルが終了する予定です。

福岡市動物園 園内マップ福岡市動物園に入ると、大きく右と左に分かれます。まず左手に見えるのは、2013年にリニューアルオープンしたアジア熱帯の渓谷エリアの入口です。

そして、大きなゾウの獣舎と展示場が現れます。

福岡市動物園のゾウ展示場は水があったり、木々があったり、パッと見た印象より奥行きもあり広い。柵越し、ガラス越しにいろいろな角度から見渡せるようになっています。

案内板や模型も工夫されており、わくわくさせてくれるところです。

福岡市動物園のゾウ はな子

福岡市動物園ではアジアゾウのはな子を飼育していました。

福岡市民にたいへん親しまれ福岡市動物園人気ナンバーワンに輝いたこともあるはな子。

福岡市動物園 アジアゾウ はな子

ざんねんながら昨年、推定46歳で亡くなりました。

福岡市動物園のはな子は、亡くなる数年前から何度か体調を崩して横になることがありました。ゾウにとって長時間起き上がれない状態は、たいへん危険です。

通常4本の足で支えている約3トンの体重が1か所に集中していしまいます。そのため、はな子が起き上がれないときは、飼育員さんたちがはな子を起こし、回復の手助けをしていました。

以前、福岡市動物園のバックヤードツアーに参加し、はな子のおうちに入らせてもらったりエサをあげたりしたことがあります。

福岡 ゾウ はな子

担当の飼育員さんは長年はな子の世話をしており、はな子のクセや気分を読み取っていました。すごい信頼関係です。

そのときすでに、はな子の体調を気づかっていたことを思い出します。はな子のために環境を整えていただけに、とてもざんねんです。

幸運にも福岡市動物園のはな子とふれあえたことは、わたしにとって一生の思い出です。

福岡市動物園 アジアゾウ

現在、ざんねんながら福岡市動物園にゾウはいません。

この立派なゾウ舎が活躍する日を心待ちにしています。

福岡市動物園2へつづく

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です