アカカワイノシシに会える動物園・生態と特徴まとめ

09/20/2022

イノシシは十二支のひとつであることから、日本では親しみのある動物です。

日本に生息するイノシシのほか、イボイノシシやバビルサなどたくさんの種類があります。

今回zoo zoo diaryで取りあげるのは「アカカワイノシシ」!

見たことも聞いたこともない方がおおいかもしれません。日本では3つの動物園でしか飼育されていない動物です。

アカカワイノシシの生態と特徴からアカカワイノシシが飼育されている動物園まで、アカカワイノシシ情報をまとめてお届けします。

サンディエゴ動物園サファリパーク アカカワイノシシ1

アカカワイノシシとは?

鯨偶蹄目イノシシ科カワイノシシ属。

分類としては2つのひづめをもつウシやカバなどとおなじ「目」。日本で見かけるイノシシ(イノシシ属)とは異なります。

  • Potamochoerus porcus
  • IUCNレッドリスト 低懸念(LC)
  • CITES 記載なし
  • 生息 アフリカ西~中央部の森林
  • 体長 70cm
  • 尾長 40cm
  • 体高 60cm
  • 体重 60~100kg

どこに住んでいるの?

生息地はアフリカ大陸西部~中央部のギニアやガボン、コンゴ等。ちょうどアフリカ大陸のくびれ(ギニア湾に沿った部分)あたりです。

アカカワイノシシは乾燥した森にも適応できますが、通常、熱帯雨林や拠水林といった湿った森を好みます。必要とあれば「川」を泳ぐイノシシです。

アカカワイノシシの生態と特徴

どんな見た目なの?

名前のとおり全体的に「赤」味がかった茶色の毛でおおわれ、背には白い筋があります。鼻は黒いですが、目や耳のまわりは白っぽく、イノシシとしてはとてもカラフルな種です。

一方で、東~南部に生息するアカカワイノシシは色が濃く、黒っぽい個体も確認されています。

なんといっても目をひくのは長い耳とそのふさ毛。また、オスは鼻のちかくに細長い「いぼ」をもちます。

耳毛はからだを大きく見せる、いぼは争いのとき牙の攻撃をやわらげる効果があるといわれています。

サンディエゴ動物園サファリパーク アカカワイノシシ イボ

イノシシ共通の牙(長い犬歯)はオスもメスも生えています。

ふさ毛のある尾はながく40cmほど、体とあわせて1メートルを超えます。おおきなオスは体重100kg以上になりますが、ニホンイノシシに見慣れているとスマートな印象をうけます。

どんな暮らしをしてるの?

野生では、単独でも群れでも生活する様子が確認されています。群れの場合は、1頭のオスが優位となります。

決まったテリトリー内で行動し、木に傷やにおいをつけて縄張りをアピールします。

イノシシは食べることが大好き。鼻を地面につけ、においと感触で食べものをさがしあてます。果物や草から昆虫や卵までいろいろなものを食べます。

サンディエゴ動物園サファリパーク アカカワイノシシ エサ

アカカワイノシシの繁殖と寿命

雨季に繁殖期をむかえ、妊娠したメスは草などで出産・育児用の巣をつくります。およそ120日の妊娠期間をへて、複数頭の子を生みます。

おとなオスの100分の1ほど約700グラムのちいさな赤ちゃん。イノシシの赤ちゃんとおなじウリボー柄です。

子育てはオスとメスで協力しておこないます。

アカカワイノシシは3歳ごろに性成熟。飼育下での寿命は15年ほどです。

野生アカカワイノシシは減っています

2016年IUCNレッドリストはアカカワイノシシを絶滅の可能性がすくない低懸念(LC)と評価。

これは絶滅の心配がないということではありません。

アカカワイノシシはむかしからの分布域にひろく生息していますが、その数は徐々に減りつづけています。

アフリカ大陸における人口増加にともない、食肉目的の狩猟がふえているからです。一部地域では激減し、めずらしい動物になっています。

保護区や国立公園でまもられているアカカワイノシシ。しかし、狩猟に関する法律はさだめられていません。

現地の人々と自治体の協力が必要となっています。

サンディエゴ動物園サファリパーク アカカワイノシシ2

3か所!アカカワイノシシに会える動物園

2022年9月現在、3つの施設で6頭のアカカワイノシシが飼育されています。

  • 那須どうぶつ王国
    • ハナ(2006年生)
    • セイ(2017年生)
  • ズーラシア
    • タイヨウ(2008年生)
    • キリ(2010年生)
    • カスミ(2010年生)
  • とべ動物園
    • メイ(2017年生)

パディとレッズ|日本のアカカワイノシシの祖

2004年にアメリカからやってきたメスのパディとオスのレッズ。異なる動物園で2002年に生まれました。

2頭の相性はよく、繁殖に成功。2006年から2010年までに12頭の赤ちゃんが生育しました。

その後、パディとレッズの子どもたちは数か所の動物園に移動しました。

しかし、あたらしいアカカワイノシシの来日がないまま。

動物園はやむなく近親交配を選択。2017年愛媛県・とべ動物園で2頭のオス(セイとメイ)が誕生しました。

以降、日本でアカカワイノシシ誕生はありません。

近親交配により誕生した子は病気や奇形をもって生まれる可能性が高いといわれます。よって、アカカワイノシシの繁殖は今後おこなわれないかもしれません。

あと6頭。日本でアカカワイノシシに会えなくなる日はかなり迫っています。興味ある方はぜひ会いに行ってみてください。

【参考】

国際自然保護連合

日本動物園水族館協会

スミソニアン国立動物園