22頭!日本のアフリカゾウ【動物の相関図】2022年7月

日本にいるアフリカゾウのなかま「サバンナゾウ」の名前、生年、飼育施設、血縁関係がわかるサバンナゾウの相関図を作成しました。

アフリカゾウは現在2種(サバンナゾウとシンリンゾウ)に分類されています。飼育下のアフリカゾウのおおくはサバンナゾウです。

アフリカゾウ(サバンナゾウ)とは?

長鼻目ゾウ科アフリカゾウ属

Loxodonta africana (英名)African Savanna Elephant

IUCNレッドリスト 危機(EN)

CITES(ワシントン条約) 附属書Ⅰ 
※ボツワナ、ナミビア、南アフリカ、ジンバブエの個体は附属書Ⅱ

生息地 サハラ砂漠以南の草原

生息数 28万頭

  • 体長 450~550cm ※鼻を含まない
  • 体高 250~350cm
  • 体重 オス6000kg メス3500kg
熊本市動植物園 アフリカゾウ
熊本市動植物園

アフリカゾウ(サバンナゾウ)の相関図

13施設22頭

  • 大森山動物園(1頭)
  • 盛岡市動物公園(1頭)
  • 八木山動物公園(3頭)
  • 東武動物公園(2頭)
  • 多摩動物公園(1頭)
  • 市原ぞうの国(1頭)
  • 伊豆アニマルキングダム(1頭)
  • アドベンチャーワールド(3頭)
  • とべ動物園(3頭)
  • しろとり動物園(1頭)
  • 安佐動物公園(1頭)
  • 秋吉台サファリランド(2頭)
  • 熊本市動植物園(2頭)
日本のアフリカゾウ 動物の相関図
秋吉台サファリ アフリカゾウ
秋吉台サファリランド

【参考】

国際自然保護連合

日本動物園水族館協会