カワウソと猿の混合展示が見れるのは、ときわ動物園だけ

カワウソとボンネットモンキー|ときわ動物園4

こんにちは。
引き続き、宇部市ときわ動物園「アジアの森林ゾーン」を紹介します。

ときわ動物園3では国内では2か所の施設でのみ会うことができる、トクモンキーについて詳しくお話しました。今回は、サル以外の動物も登場します!

今回のおもな内容

それは、動物園でも水族館でも人気のコツメカワウソです。

コツメカワウソ

東南アジアの河川流域に生息するイタチ科のコツメカワウソは、日本では最も多く飼育されているカワウソです。

ときわ動物園のコツメカワウソ

ときわ動物園では、2016年10月に4頭、2017年9月に1頭、と2年続けて赤ちゃんが誕生しました。一時は、7頭の大家族で過ごしていたコツメカワウソたち。

しかし、昨年、4つ子のうち2頭のメス、クスとコトは周南市徳山動物園へ、残る1頭オスのカイと父ボンはバックヤードへ移動となりました。

そのため、現在展示されているのは、母リン、姉キワ、弟ショウの3頭です。

ところで、なぜ仲の良い家族をわけてしまったのでしょうか?それは、繁殖制限があるからです。

繁殖制限とは?

文字通り、繁殖しないよう管理すること。繁殖率の高い動物において、繁殖制限が行われるのは稀ではありません。

同じ組み合わせの子どもが増えてしまうと、将来、血縁関係がある個体ばかりになってしまいます。これは、繁殖させたいのに、相手が親族しかいない、という状態です。

ホワイトタイガーで取り上げたように、近親交配で生まれた子は弱い。繁殖はおろか、成熟前に亡くなることもあります。

つまり、血統の多様性が失われるということは、種が途絶える危険性があるということです。

野生や他の動物園から新しい個体を導入できなければ、動物園の動物はいなくなるかもしれない。そのような事態を避けるために、状況を見ながら繁殖させる必要があるそうです。

以前記載したように、コツメカワウソはペットとして人気が高まっています。ペットショップで売られているコツメカワウソは、動物園で増えすぎた個体が転売されているそうです。

家族で暮らすコツメカワウソなのに、一方は動物園で、一方は家庭で……なんだかとても複雑。

そんなわたしの気持ちをつゆ知らず、コツメカワウソたちは元気よく動き回っていました。

ときわ動物園 コツメカワウソ

全員が大切に扱われ、幸せに暮らせるようにと願うばかりです。

ここには、サルはいないな。と思ったあなた!驚くなかれ、なんとカワウソの向こうにサルが!

コツメカワウソとボンネットモンキーの混合展示

ときわ動物園では、日本で唯一コツメカワウソとボンネットモンキーが同じ空間に放飼されています。なんとも興味深い取り組みです。

ときわ動物園 ボンネットモンキー

ボンネットモンキーからカワウソにちょっかいを出すことが多いようです。攻撃的な意味はなく、単に気になるとか、遊びたいとか、興味があるだけ。

一方、カワウソは小さいながらも、サル相手に威嚇することがあるそうです。数も体格も圧倒的に不利に見えますが、強気な一面をうかがうことができます。

カワウソがサル山を移動したり、岩の影に隠れたりと、他の動物園にはない光景を見ることができます。

2種分の広い展示場なので、探すのはたいへんかもしれませんが。

わたしはというと、2種が近づいている様子を確認できませんでした。ざんねん。

大きなガラスがある観覧スペースからは、水中と陸地どちらの様子も観察することができます。

ここは、洞窟のように暗く涼しい空間になっており、ベンチまで設けられています。ひと休みしながら、ゆっくりサルとカワウソの行動を観察したいものです。

ボンネットモンキー

インド南部に生息するオナガザル科の動物。前回登場したトクモンキーと近縁とされ、同様の特徴(細身で小型、長いしっぽ)があります。

そして、名前の由来も同じ、帽子つながりです。

ボンネットモンキーの特徴

背側は茶、腹側は白っぽい体毛。顔は肌色です。

放射状に生えるトクモンキーとは異なり、真ん中から側面に向かって毛が生えています。頭頂部の毛は黒いため、まさに前髪のよう。

ときわ動物園 ボンネットモンキー

ボンネットモンキーは、果物を好むことから森林で生活しています。一方、農地や市街地でも確認されており、さまざまな環境に対応できると考えられています。

ときわ動物園のボンネットモンキー

ときわ動物園の広い展示場には、国内最多およそ50頭のボンネットモンキーが暮らしています。午前と午後、群れを入れ替えて展示しています。

さらに、今年は3頭のメスが出産しました。おめでたい。

その中でも5/1に出産したチーは、けがにより左腕を失っています。最初は、赤ちゃんの扱いに苦労していましたが、すぐにコツを覚えて群れに合流したそうです。

ハンディキャップがあろうとなかろうと、母は強し。

ちなみに、コツメカワウソとボンネットモンキーの観覧スペースは、水辺があるガラス前以外に、2か所あります。いろいろな角度から見れるのは、うれしいですね。

ときわ動物園 ボンネットモンキー

インドのボンネットモンキー

トクモンキー同様、ボンネットモンキーも生息地であるインドではよく見かけるようです。公園だけでなく観光地など、ヒトの近くでも生活していることが確認されています。

インド旅行の際は、ぜひチェックしてみください。

ときわ動物園5へつづく

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です