シロテテナガザル国内最多!ときわ動物園のテナガザル

シロテテナガザル|ときわ動物園2

こんにちは。
前回から山口県宇部市のときわ動物園を紹介しています。

ときわ動物園最初のゾーン、アジアの森林ゾーンに突入しています。ときわ動物園1では、国内唯一飼育中のハヌマンラングールについてお話しました。

今回は国内飼育数最多!シロテテナガザルが登場です。

今回のおもな内容
  • シロテテナガザル
  • 非公開ゾーンのテナガザル

シロテテナガザル

東南アジアに生息するテナガザル科テナガザル属の動物。テナガザルは外見上他種とよく似ていますが、シロテテナガザルはその名の通り白い手足を持っています。

日本の動物園ではよく見かけるテナガザルで、zoo zoo diaryにも登場しております。

動物園でも人気度の高いテナガザル。わたしも大のお気に入りです。

とくにシロテテナガザルの顔周りの白い縁どりとアクロバティックでコミカルな動きは、見るものを夢中にさせます。

ときわ動物園 シロテテナガザル

ときわ動物園のシロテテナガザル

日本随一のシロテテナガザル飼育数を誇るときわ動物園には、10頭前後のシロテテナガザルがいます。

2つの島(屋外展示場)に2つの群れ。そしてバックヤードに第3の群れがいます。

群れ1
父シン(23歳)、母メリー(31歳)、クッキー(オス7歳)、ラッキー(オス4歳)、メーテル(メス1歳)
群れ2
レモン(オス12歳)、テツロウ(オス2歳)
群れ3
父ゴロウ(16歳)、母メロン(18歳)、コウメ(メス2歳)

ざんねんながら今年2月に、群れ2に属していた母レディとその子(2017年10月生まれ)が死亡しました。

ちなみに、テツロウの父親は群れ3のゴロウなので、レモンとテツロウに親子関係はありません。

ときわ動物園のシロテテナガザルは、茶色の個体ばかり。数も多いので、個体識別は非常にむずかしい……しかし、一目でわかる常連さんもいるようで、驚きとともに感銘を受けました。

ときわ動物園 シロテテナガザル

動物の体調や状況により展示方法など変更しているかもしれません。その際はご容赦ください。

シロテテナガザルの展示場

水が苦手なシロテテナガザルの展示場は、柵やオリの代わりに水堀で囲われています。そして、その堀の周りを観覧客がぐるっと移動します。視界を遮るものは草木くらいで、ほぼありません。

好奇心旺盛な子ザルは水に木の枝を浸けてみたり、手を入れてみたり。苦手ながらも、水辺で遊ぶ様子を見ることができました。

堀の中には2つ島があり、それぞれ別の群れが暮らしています。隣り合う島にシロテテナガザルの別の群れを展示している動物園は、ときわ動物園のみです。

島には、大小さまざまな樹木が植えられています。ブラキエーション(枝渡り)が得意なテナガザルが、十分に身体能力を発揮できる展示場です。

ときわ動物園 シロテテナガザル

また、2つ目の島の近くには、小さな小屋と橋が設けられています。彼らの生息地であるインドネシアの農家を模しており、寝室として使われています。

動物だけでなく、わたしたちにも生息地(東南アジア)の雰囲気を与えてくれる粋な演出です。また、水堀の中につくられているので、より近くからテナガザルを見ることができます。

わたしが訪れたときは、橋の上に家族が集まっていました。広い展示場なのにわざわざ狭いところに居るあたりが、また愛らしい。

ときわ動物園 シロテテナガザル

雨の日や16:30以降には、寝室にいるシロテテナガザルたちを見ることができるそうです。

ときわ動物園の非公開ゾーン

さらに、展示場とは別に動物園入口左手に繁殖棟という建物があります。通常、非公開となっておりますが、バックヤードツアーなどで観覧することができるそうです。

シロテテナガザルをはじめ、繁殖棟にもたくさんのおサルさんが飼育されています。

なかには、旧ときわ動物園で展示されていたローズ(メス)とカール(メス)のペア。そして、ジョイナー(メス)とモンジロウ(オス)のペアが暮らしています。

ローズ、カール、ジョイナーは、アジルテナガザルもしくはボルネオシロヒゲテナガザルです。

以前、ボルネオシロヒゲテナガザルはアジルテナガザルに分類されていました。一方、近年では別種と言われています。

実際に彼女たちがどちらなのかは、わたしには判断できず……。

ときわ動物園 テナガザル

上の写真は、リニューアル前のときわ動物園で撮影したもの。

右の個体は、シロテテナガザルなのでモンジロウ。よって左の個体はジョイナーだと思います。

アジルテナガザル

アジルテナガザルは、シロテテナガザルと同じくテナガザル科テナガザル属に属し、インドネシアなど東南アジアに生息しています。

大きさや顔など一見そっくりな2種。

しかし、よく見ると、シロテテナガザルとは対照的な黒い手足を有しています。また、顔周りを見ると、白い毛が生えているのは眉だけです。

一方、オスは頬の毛も白っぽいため、シロテテナガザルとよく似ています。

ローズ以外は40歳以上と非常に高齢。非公開ゾーンなので生存中かどうか不明ですが。

ときわ動物園の飼育員ブログでは、たまに繁殖棟の様子も伝えてくれます。そのほか、面白い記事がたくさんあるので、気になる方は要チェックです。

ときわ動物園3へつづく

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です