サンディエゴ動物園の紹介!チーターとイヌの関係

コアラとチーター|San Diego Zoo4

こんにちは。
ジャングルのようなロストフォレストを抜けたあとは、OUTBACKへと向かいます。

アウトバックとはオーストラリアの奥地、という意味。その名の通り、ここではオーストラリア原産の動物たちが展示されています。

今回のおもな内容
  • コアラ
  • タスマニアデビル
  • インドサイ
  • キリン
  • アカカワイノシシ
  • チーターとイヌ

コアラ

多くの方がオーストラリアの人気動物と聞いて思い浮かぶのは、コアラだと思います。ここサンディエゴ動物園のアウトバックにはコアラがたくさんいます!もちろんほぼ寝てますが。

そんななか、すごい勢いでむしゃむしゃしている子がいました。

サンディエゴ動物園 コアラ

コアラって歯が見えると残念な感じ……でも、ユーカリの葉を一生懸命食べる姿は、やっぱりかわいい。

サンディエゴ動物園 コアラ

日本では厳重に管理されているコアラ。

サンディエゴ動物園ではガラスもなく、すぐそこに展示されています。近くで見れてとても楽しめました!

カンガルー

オーストラリアの動物と聞いて、コアラの他に思いつくのは、カンガルーでしょう。

不思議なことに、サンディエゴ動物園ではカンガルーはアウトバックエリアにはいません。お隣のURBAN JUNGLEエリアで展示されていました。

しかも、たった1頭。

あらためて、ひびき動物ワールドはすごいと思いました。

コアラとカンガルー以外の、オーストラリアのこの動物。みなさんご存知でしょうか?

名前はよく聞いたことがあるかもしれません。悪魔と呼ばれている動物。

タスマニアデビル

小さくてかわいいのに気性が荒く、強靭な顎をもつ肉食の有袋類です。

害獣として駆除された結果、現在はタスマニア島にしか生息していません。

独特な声を出し肉をむさぼる姿が恐ろしかったんでしょうが、悪魔というにはかわいすぎる気がします。

サンディエゴ動物園 タスマニアデビル

胸にある白い模様がとくにキュート。わたしが見たときはおとなしくお座り、何するでもなく。

タスマニアデビルに会える動物園

日本では、東京都日野市にある多摩動物公園でのみ会うことができます。

マルジューナとメイディーナという、2016年にオーストラリアからやってきた姉妹がいます。翌年には、テイマーとダーウェントという兄弟もやって来ました。

ざんねんながら2017年12月にマルジューナが亡くなったため、現在の飼育数は3頭です。

わたしが行ったときは陰に隠れて寝ていましたが、タイミングが良ければ鳴き声が聞けるかもしれません。

タスマニアデビルの近くにはウォンバットやワラビーも展示されています。

みんな雨が嫌いなのか、なかなか姿を見せてくれず写真が撮れずにすみません。天気が良い日に見に行きたいですね。

有袋類

コアラを含めてアウトバックで紹介した動物はすべて有袋類。おなかに赤ちゃんを育てる袋を持ってます。

むかしむかし世界的に有袋類は絶滅しました。

しかし、大陸から遠く離れたオーストラリアでは天敵が少なく、有袋類が絶滅せずに独自の生態系を築いたと考えられています。

そんなオーストラリアではコアラとふれあえる施設があったり、野生のカンガルーがいたり。信じられない世界ですが、いつかこの目で見てみたいです。

URBAN JUNGLE

アウトバックのすぐ近くには、URBAN JUNGLE(都会のジャングル)があります。

このエリアは視界が開けており、ロータリーのような円状の展示場。アーバンジャングルには、園内バスのカンガルーバスの停留所もあります。

カンガルーバスは園内マップの右側しか周らないため、ロストフォレストエリアには行きません。

しかし、広い園内を効率的に周るためには、不可欠です。

最初に目に飛び込んできたのはサイのお尻。しかも、インドサイ!興奮は高まります!!

インドサイ

インドサイはその名の通りインドに生息し、アフリカに住むクロサイやシロサイと異なり角もひとつ。その風貌から、ヨロイサイやイッカクサイとも呼ばれています。

しかし、ざんねんながら、お顔を見せてくれないシャイなサイでした。

サンディエゴ動物園 インドサイ

個人的に、インドサイはお気に入りの動物のひとつ。

鎧のような強そうな皮膚と控えめに生えた柔らかそうな耳毛がとっても魅力的です。

インドサイに会える動物園

日本では、多摩動物公園、横浜市立金沢動物園、東山動植物園、秋吉台サファリで会うことができます。飼育数は、全部で9頭しかいません。

剛と柔をそなえたインドサイ、ぜひお見知りおきを。

サイは日本の動物園でも飼育されているので身近に感じるかもしれませんが、絶滅危惧種に指定されており、とても貴重な動物です。

動物園で繁殖してくれることを願います。

キリン

インドサイの向かい側では、キリンがお食事中。

サンディエゴ動物園のキリンは模様がもじゃもじゃ、マサイキリンです。

わたしが訪れたときは赤ちゃんキリンもいました。小さく見えますが、すでに2メートルくらい。

サンディエゴ動物園 キリン

ところで、赤ちゃんと奥のキリンは模様が少し違う気がしませんか?サンディエゴ動物園HPでは、マサイキリンと紹介されてるので個体差でしょうか。

キリンは研究があまり進んでいない動物。謎は深まるばかりです。

先へ進むと日本の動物園のような少し狭い展示場が続きます。するとそこに、また見たことない動物が現れました。

アカカワイノシシ

アフリカに住むアカカワイノシシ。偶蹄目イノシシ科の動物です。

名前の通り川の周辺などに生息するアカカワイノシシ。彼らの特技は、スイミング。

赤茶色のきれいな体毛と背中の白いラインが素敵です。

サンディエゴ動物園 カワイノシシ

それ以上に、耳毛がおもしろいと子どもたちの人気者になっていました。

アカカワイノシシの耳は、興奮するとピンとなるんだとか。イノシシも奥が深いなと勉強になりました。

アカカワイノシシに会える動物園

なんとこのカワイノシシ、日本でも飼育されています!

神戸どうぶつ王国とよこはまズーラシアで会うことができます。

気になる方は要チェックです。

チーター

そのお隣には駿足のランナー、チーターです。

なんと驚いたことに、ここサンディエゴ動物園ではイヌといっしょに展示されていました。

チーターとイヌ サンディエゴ動物園

チーターとイヌの関係

赤ちゃんのときから共に暮らしており、いつもいっしょの2頭。看板には、バディ(友だち)と書かれてありました。

イヌの方が数か月年上だからか、イヌが動くとチーターが動く、とおもしろい光景でした。

臆病で社会性に劣るチーター。飼育、展示するうえで、イヌの愛嬌が精神的に良い影響を与えると考えられています。ヒトが癒されるように、チーターもイヌに癒されるそうです。

そのため、サンディエゴ動物園で初めて行われたこの飼育法は、他の動物園でも取り入れられています。

San Diego Zoo5へつづく

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です