動物好きなら一度は行きたい!サンディエゴ動物園シリーズ最終回

スカイファリとサンディエゴ動物園まとめ|San Diego Zoo8

およそ2週間にわたって連載しております、カリフォルニア州のサンディエゴ動物園。いよいよ最終回です。

ジャングルのようなロストフォレスト、中国の珍獣に会えるアジアンパッセージ、3頭のホッキョクグマがいるノーザンフロンティア、カリフォルニアコンドルについて学べるエレファントオデッセイ、そして野生環境を再現したアフリカロックスを紹介してきました。

今回はまだ紹介していない残りのエリアをお届けします。

サンディエゴ動物園 マップ

アフリカロックスを抜けるとパンダの近くに出ます。

CENTER STREET

パンダの方へは行かず、入園ゲートに向かうセンターストリートを進みます。通り沿いにはクマの展示場が並んでいます。マップを見るとアジアンパッセージの一部のようです。

ここには、グリズリーやブラウンベアももちろんいます。そんな中、珍しいクマを発見。

メガネグマ

南アメリカに生息するメガネグマ。

サンディエゴ動物園 メガネグマ

見た目通りで覚えやすい名前です。

メガネグマはパンダといっしょでベジタリアン。自然界では、メガネグマのフン中の種が、次世代のフルーツの自生に一役買っているそうです。

わたしが訪問したときはお食事中。硬くて美味しくなさそうな草ですけど。

人目を避ける性格らしいですが……

サンディエゴ動物園 メガネグマ

なんだか上目遣いをされているような気になって、すぐ好きになっちゃいました。

メガネグマに会える動物園

日本では、3か所の動物園で飼育されています。

  • ズーラシア
  • 東山動植物園
  • 天王寺動物園

天王寺動物園は長期リニューアル計画が進んでおり、今後も楽しみな動物園のひとつ。来園者数は、上野動物園、東山動植物園に次ぐ第3位で、旭山動物園より上にランクインしています。

都市型でアクセス良好なので、お時間あるときにぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

WEGEFORTH BOWLとDISCOVERY OUTPOST

入園ゲート左手には、ワニやカメを展示するWEGEFORTH BOWL(ウェジフォースのボール)やふれあい動物園や昆虫館があるDISCOVERY OUTPOST(発見基地)があります。

わたしは時間の関係で周りきれませんでした。

WEGEFORTHとは、サンディエゴ動物園の創始者Harry M. Wegeforthさんにちなんでいます。

最後にゴリラの様子を見に行くと、やはりガラス前にいました。ふたりでもじもじ。

サンディエゴ動物園 ゴリラ

サンディエゴ動物園では、2組の群れを交替で展示しています。つまり、午前中に見た群れと別の群れです。午後のゴリラ一家も落ち着いた様子でした。

SKYFARI

サンディエゴ動物園にはSkyfari(スカイファリ)というゴンドラがあり、上から動物園を眺めることができます。

姫路セントラルパークで紹介したものと同じような乗り物。

スカイファリ乗降場は2か所。入園ゲートを背に左へ進みお土産屋さんを通り過ぎたところと、ホッキョクグマがいるノーザンフロンティア付近にあります。

料金は1日券に含まれているため、無料。

スカイファリは、おもにロストフォレストの上を通ります。ゴンドラから見るとロストフォレストエリアは、まさにジャングル。木々で動物など見えません。

スカイファリからは、バルボアパークやサンディエゴの街を見渡すことができます。

これだけ広いと忘れてしまいそうですが、サンディエゴ動物園は広大なバルボアパークの一部分にすぎません。

San Diego Museum of Man(サンディエゴ人類博物館)の美しい建物も見ることができました。

サンディエゴ バルボアパーク SANDIEGO MUSEUM OF MAN
スカイサファリからの景色

サンディエゴ動物園まとめ

世界一飼育動物の種類が多いと言われているサンディエゴ動物園。日本では見れない動物をたくさん見ることができました。

エンリッチメントをふんだんに取り入れた展示場は日本と異なるところもあり、新鮮さを感じました。

サンディエゴ動物園の敷地はおよそ40万平方メートル、埼玉県こども動物自然公園や日本モンキーセンターと同等。ズーラシアや東山動植物園より小さい動物園です。

一方で、上下左右に歩道や展示場が効率良く整備された園内は、非常に広く感じます。

もちろん、売店やカフェも多数あるため、ランチやドリンクの心配はありません。お土産屋さんも要所要所にあります。入園ゲート近くには大きなショップもあるので、ご安心を。

広い園内の移動にはカンガルーバスの利用がおすすめ。乗り降り自由のため、時間にとらわれる心配がありません。

おおまかな位置関係を知るため、最初に園内ツアーバスに乗るのも良いでしょう。午後は来園客が増えるため、午前中がベター。

ちなみに、わたしがサンディエゴ動物園で過ごした時間は約6時間、歩数計は20,000歩以上!

動物園は歩くことが前提だと思いますが、サンディエゴ動物園は特に歩きやすい靴で挑んでください。

今回わたしが滞在した期間は年に数回という雨、しかも2日連続という超絶アンラッキー。

カリフォルニア州ロサンゼルス ハリウッド
ハリウッド

基本的には気候の良いカリフォルニア、すっきり晴れた日は本当に最高です!

ロサンゼルスやサンフランシスコをはじめ、見どころが多いアメリカ・カリフォルニア州。

ぜひ、渡航先リストにサンディエゴを入れてみてはいかがでしょうか?

以上、サンディエゴ動物園でした。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です