いきなり猛獣!日本で2番目に古い京都市動物園

営業案内とビッグキャット|京都市動物園1

こんにちは。
今回からは、上野動物園の次に歴史のある京都市動物園について紹介します。

京都市と言えば、清水寺や金閣寺など世界遺産にも登録されているが社寺があり、古都の雰囲気を味わえる、日本人にも外国人にも人気のある観光地です。

さすが歴史のあるまち。動物園も明治時代から存在しています。

今回のおもな内容
  • アクセスと営業案内
  • ジャガー
  • ライオン
  • トラ

TVでご覧になった方も多いかもしれませんが、京都市動物園は2015年リニューアルオープンし来客者数が大幅に増えているそうです。

京都市動物園は敷地が狭いことを逆手に取り、より近くで動物を見れる展示を実施しています。

また、コンパクトだからこそ、小さなお子さまやおじいちゃんおばあちゃんも足を運びやすいと思います。

京都市動物園へのアクセス

公共交通機関

観光のまち京都、動物園へのアクセスも良好。JR京都駅から5または100系統の市バスに乗り、岡崎公園動物園前で下車。30分ほどで着きます。

正直、地下鉄の駅からは少し遠いので、バスがおすすめです。

京都市のバスは本数も路線も多く便利。朝から観光客でにぎわっています。ただしラッシュ時の渋滞はひどいので、ご注意ください。

京都市動物園は正面エントランスと東エントランスの2カ所入口があります。

地下鉄最寄り駅の蹴上駅から東エントランスまでは徒歩5分。動物園前のバス停は正面エントランス側にあります。

駐車場

ちなみに、京都市動物園には専用駐車場はなく、周辺の有料駐車場に停めることになります。渋滞のことも考えると、公共交通機関の方が良いかもしれません。

京都市動物園の周辺には京都市美術館や国立近代美術館などがあります。また、平安神宮が近いのでわたしは動物園に行く前に訪れました。

京都市 平安神宮

鮮やかな朱色と緑色がとても美しい。朝早いうちは人が少なく、ゆっくり眺めることができました。朝のお参りはとても気持ち良い。ぜひみなさんも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

京都のホテル検索はこちら

京都市動物園の営業案内

開園時間は9:00-17:00(12~2月9:00-16:30)月曜日お休み(祝日除く)。料金はおとな600円、中学生以下は無料です。ちなみに、年間パスポートは2400円。

期間限定ではありますが、夜8:00までの夜間開園を行っているときや月曜日の臨時開園もありますので、公式HPで要チェックです。

9時を待ち入園料を支払い、いざ園内へ。中に入ってすぐ獣舎が見える、本当に狭いなと感じます。

そしていきなり見えます、もうじゅうワールドです。

ジャガー

食肉目ネコ科ヒョウ属。アメリカ大陸に生息する最大のネコ科動物です。

ライオンやトラよりは小さいですが、体長は2メートル近く、体重は100キロを超すものもいます。とくにブラジル、パンタナール湿原に生息するジャガーは巨大だと報告されています。

そのため、アマゾン最強のハンターと名高いジャガー。

ヒョウとよく似てますが、筋骨隆々!たくましく、最強の文字がふさわしい体をしています。

京都市動物園 ジャガー
アサヒ

また、お花模様の中に点があるのがジャガーの特徴です。

京都市動物園のジャガー

現在、オスのアサヒ3歳とメスのミワ4歳が暮らしています。

ミワはジャガーの黒変種クロジャガーです。クロジャガーは見た目は異なりますが、通常のジャガーと同じ分類となります。

京都市動物園のジャガー舎は、ジャガーがわたしたちの上にのぼれるようになっています。床にいないこともしばしば。必ず上の方も確認してみましょう。

ライオン

ジャガーの隣は、サバンナ最強とされる百獣の王ライオンです。

やっぱり寝ています。夜行性のネコ科動物は夜になると狩りに出かけます。動物園でも日中はおやすみモード。

京都市動物園のライオン

京都市動物園では、2017年1月にメスのクリスが亡くなったため、現在オスのナイル23歳が1頭で暮らしています。

クリスはアドベンチャーワールドで生まれ、2歳のころ京都市動物園へやって来ました。首の周りにたてがみのようなふさふさの毛が生えており、わたしの中では印象的なメスライオンでした。

京都市動物園 ライオン
クリス

ライオンの寿命

ライオンの寿命は15年前後と言われているので、18歳だったクリスは長生きでした。ナイルはクリスよりさらに4つも年上です。

ヒトと同じでメスの方が長生きとされるライオン。ナイルは本当にすごいです!これからも健康でいられますように。

アムールトラ

ライオンのお隣は、アムールトラ(別名シベリアトラ)。ロシアのアムール川流域に生息しており、トラの中では最大と言われています。

ライオンと異なりトラは単独行動を好み、水を怖がることもありません。暑い日にはプールで体を冷やしている姿を見かけることもあります。気持ちよさそうです。

京都市動物園 アムールトラ

でもプールから出てくると大きさに圧倒されます!アムールトラを間近で見れるのはうれしい。

京都市動物園のアムールトラ

京都市動物園ではメスのアオイ13歳と、アオイの8歳の息子オクとルイが飼育されています。

トラの展示場は3か所。ガラスや柵で囲まれています。ガラスビューではくっきりきれいに観察でき、柵ビューでは息づかいや匂いを感じることができます。

それぞれをつなぐ空中通路があり、大きなアムールトラが頭の上を通ることもあります。京都市動物園ならではの施設、迫力満点です!

【追記】2018年3月20日、ルイは栃木県の宇都宮動物園へ移動しました。

京都市動物園2へつづく

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です