いきなり猛獣!日本で2番目に古い京都市動物園のビッグキャット

営業案内・もうじゅうワールド|京都市動物園1

金閣寺や二条城など伝統的な建造物が立ち並ぶ京都。動物園も明治時代から存在しており、上野動物園に次ぐ古さです。

歴史のある京都市動物園では、どんな動物に会えるのでしょうか?

動物園の予習をして、当日をもっと楽しみましょう。

おもな内容
登場動物

京都市動物園とは?

京都市動物園は2015年にリニューアルオープン。約4万平方メートルに120種類ほどの動物が暮らしています。

ニシゴリラ、アムールトラ、ツシマヤマネコなどの希少動物を飼育。さらにキリンやゾウを群れで展示しています。

敷地が狭いことを逆手に取り、より近くに動物を感じる展示場へと進化した京都市動物園。コンパクトながら、迫力のある猛獣や草食獣を見ることができます。

動物研究に取り組み、来園者だけでなく全世界の人々に影響を与えています。小さな動物園ですが、大きなフィールドで活動する動物園です。

京都市動物園へのアクセス

公共交通機関

観光のまち京都、動物園へのアクセスも良好。

JR京都駅から5または100系統の市バスに乗り、岡崎公園動物園前で下車。30分ほどで到着です。

京都市のバスは本数も路線も多く便利。朝から観光客で賑わっています。ただし、ラッシュ時の渋滞にご注意ください。

京都市動物園は正面エントランスと東エントランスの2カ所、入口があります。

動物園前のバス停は正面エントランス側にあります。

一方、地下鉄最寄り駅の蹴上駅に近いのは東エントランス。徒歩5分ほどの距離にあります。

駐車場

京都市動物園には専用駐車場はありません。周辺の有料駐車場に停めることになります。

渋滞のことも考えると、公共交通機関の方が良いでしょう。

京都市動物園の周辺には京都市美術館や国立近代美術館、平安神宮など観光名所があります。

観光客が少ない早朝は、平安神宮の美しさを独り占めできる時間帯です。開園前に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

京都市 平安神宮
動物園の近くにある平安神宮

【広告】 京都のホテル検索はこちら

京都市動物園の営業案内

開園時間は9:00-17:00(12~2月9:00-16:30)。定休日は月曜日(祝日除く)。

料金はおとな600円、中学生以下は無料。年間パスポートは2400円です。

夜間開園や月曜日の臨時開園を実施することもあります。詳しくは、公式HPをご確認ください。


京都市動物園 マップ

それでは園内の紹介に入ります。

正面エントランスはカフェのようなぬくもりのある建物。券売機でチケットを購入し、エントランスを抜けるとすぐに獣舎が目に入ります。

さっそく猛獣たちの登場です。

ジャガー

食肉目ネコ科ヒョウ属。おもに南アメリカ大陸に生息しています。

ジャガーはライオンとトラに次ぐ大きさを誇ります。体長は2メートル近く、体重は100キロを超すものもいます。

とくにブラジル・パンタナール湿原に生息するジャガーは巨大だと報告されています。

ジャングルにおける食物連鎖の頂点に君臨しているジャガー。最強の文字がふさわしい、筋骨隆々たる美しい動物です。

京都市動物園 ジャガー
アサヒ

ヒョウ柄と似ていますが、お花模様の中に点があるのがジャガーの特徴です。

京都市動物園のジャガー

現在、オスのアサヒ3歳とメスのミワ4歳が暮らしています。

ミワはジャガーの黒変種クロジャガーです。クロジャガーは見た目は異なりますが、通常のジャガーと同じ分類となります。

京都市動物園のジャガー舎は、床面積は狭いものの高さがあります。ジャガーが来園者の頭上に横たわることも多々。

ジャガーの姿が見当たらないときは、必ず上の方を確認してみましょう。

ライオン

ジャガーのお隣は、サバンナ最強とされる百獣の王ライオンです。

京都市動物園のライオン

京都市動物園では、2017年1月にメスのクリスが亡くなったため、現在オスのナイル23歳が1頭で暮らしています。

クリスはアドベンチャーワールドで生まれ、2歳のころ京都市動物園へやって来ました。首の周りにたてがみのようなふさふさの毛が生えており、印象的なメスライオンでした。

京都市動物園 ライオン
クリス

ライオンの寿命は15年前後と言われているので、18歳だったクリスは長生きでした。

ナイルはクリスよりさらに4つも年上です。ヒトと同じでメスの方が長生きとされるライオン。ナイルがこれからも健康でいられますように。

アムールトラ

もうじゅうワールド最後の登場動物は、アムールトラ。ロシアのアムール川流域に生息しており、トラの中では最大と言われています。

ライオンと異なりトラは単独行動を好み、水を怖がることもありません。暑い日にはプールで体を冷やしている姿を見かけることもあります。

京都市動物園 アムールトラ

京都市動物園のアムールトラ

京都市動物園ではメスのアオイ13歳と、アオイの8歳の息子オクとルイが飼育されています。

トラの展示場は3か所。それぞれをつなぐ空中通路があり、大きなアムールトラが頭の上を通ることもあります。

展示場はガラスや柵で囲まれています。ガラスビューでは美しい毛皮を観察でき、柵ビューでは息づかいや匂いを感じることができます。

京都市動物園ならではの施設、迫力満点です。

【追記】2018年3月20日、ルイは栃木県の宇都宮動物園へ移動しました。

京都市動物園2へつづく

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です