キツネザルもカピバラもさわり放題!エサやりできるバイオパーク

ふれあいとエサやり|バイオパーク2

こんにちは。
長崎バイオパークは30万平方メートルと広大な敷地を生かした展示が魅力的です。動物たちとふれあえたり、間近で見れたり、新しい発見ができる動物園だと思います。

バイオパーク1では、アマゾン館まで紹介しました。今回は第2話です。

今回のおもな内容
  • クロキツネザル
  • アメリカビーバー
  • ブラジルバク
  • フサオマキザル
  • カピバラ

アマゾン館を出て、しばらく歩くとあちらこちらにキツネザルが!

なんと彼らは「キツネザルの島」から飛び出して来たんだそうです。展示場から飛び出したクロキツネザルたちは自由そのもの、放し飼い状態です。

クロキツネザル

キツネザル科のサルは、以前紹介したワオキツネザルをはじめさまざまな種類がいます。そのすべてがマダガスカル島のみに生息しています。

大陸から隔離され、天敵の少ない環境で独自の進化をとげました。

目が大きくてしっぽが長いのが外見上の共通点ですが、それぞれユニークな特徴をもっています。

ワオキツネザルは文字通り、輪の模様が入ったしっぽ。

一方、クロキツネザルはというと、お耳にふさふさの毛が生えています。

長崎バイオパーク キツネザル ふれあい

人間を恐れることもなく、さわったりエサをあげたり、こんなにふれあえるとは驚きです。

サル好きのわたしにとっては、夢のような体験でした。いったいどういう育て方をすると、これほどヒトに慣れるのか、たいへん興味があります。

クロキツネザルのオスとメス

ちなみに、クロキツネザルは体毛による雌雄の区別が可能です。

メスは明るい茶や灰色で、耳毛は白色。

長崎バイオパーク クロキツネザルの親子

1枚目の個体、つまりオスは全体的に黒い。よって、この赤ちゃんはオスだと簡単にわかります。

同じキツネザルでも、ワオキツネザルは雌雄差が少なく、区別は困難。一方のクロキツネザルは、一目瞭然です。

こういう豆知識は、ついつい教えたくなっちゃいます。

続いて見えるエリアは、森のトンネルのような坂道。

そうしの滝とフラミンゴの池

坂の上から水が流れ、ところどころに池ができています。ここで休んでいたのは、ビーバーです。

アメリカビーバー

カナダの国獣として有名な北アメリカ大陸に生息するアメリカビーバーは、げっ歯目ビーバー科。河川や池などの湿地帯を好み、ダムをつくって生活しています。

つまり、ビーバーは水の中を棲み処とするネズミ。そのため、水中に適した進化をとげています。

水かきとしっぽ

ビーバーは泳ぎが非常に得意。潜水だってお手の物。

後ろ足には立派な水かきを持っています。また、平たいしっぽは素早く泳いだり、方向を変えたり、水中でその威力を発揮します。

長崎バイオパーク ビーバー

しっぽだけ毛が生えていないので、別物みたいでおもしろい。

ちなみに、ビーバーは2足立ちができます。そのときはしっぽでバランスを取るそうです。

ビーバーは夜行性のため、だいたいお昼は寝ていることが多いです。

長崎バイオパーク ビーバー

泳いでいるときには、ビーバー本来の動きを観察することができます。

しかし、水の中にいるビーバーは非常に速い!写真を撮るには、お食事やお休み中がベターかもしれません。

坂道の先には、ピンク色の片足立ちでおなじみ、フラミンゴがたくさん。全部で3種類もいます。フラミンゴの池では、エサをあげることもできますので、お好きな方はお忘れなく。

お気づきの方もいるかもしれません。長崎バイオパークは広いうえに、アップダウンもあります。動物とふれあいながら、植物を見ながら、という感じなのでさほどつらくはありません。

とは言っても結構歩きます。長崎バイオパークへは歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

フラミンゴを通り過ぎしばらく歩くと、広々とした明るい広場が見えてきます。

アンデス広場とラマの岩山エリア

アンデス広場と名付けられており、まさに中南米に来たかのような雰囲気です。

岩山の上には、駐車場で見たラマの仲間たちがいます。アルパカもいるので、ラマとの違いを見比べてみてください。さらに、プレーリードッグやゾウガメもお見逃しなく!

わたしはさーっと通ってしまい、写真も撮ってなくて後悔してます。

近くにはレストランや売店があります。水分補給やひと休みにちょうどよいスペースです。

しっかりと熱中症対策をしてから、次のエリアに突入です。

カピバラの池とオマキザルの島

最初に現れたのは、ブラジルバク。

白黒でおなじみのマレーバクとは異なり、あまり知らない方も多いのでは?

長崎バイオパーク ブラジルバク

ブラジルバク

南米に生息しており、アメリカバクとも呼ばれています。マレーバクより体はすこし小さめです。

体毛の色の違いは一目瞭然、ブラジルバクは一色のみ。耳の間~首の上らへんがもりあがっているのがブラジルバクの特徴です。

※マレーバクはのちほど登場します。

なんだか地味な雰囲気と思ったあなた!お顔をじっくり見てください。

長崎バイオパーク バク

小さな目にぬんとした表情がかわいらしい、癒し動物なんです!ぜひ注目して見てください。

そして振り返ると、オマキザルの島が見えます。

フサオマキザル

南米大陸の熱帯雨林などに生息するオマキザル科の動物。

よく見ると頭に長い毛が生えており、フサ、と付けた学者さんの気持ちがわかります。

知能が高いサル

フサオマキザルは、知能が高いことで知られています。とくに手を使い道具を使って、木の実を割ったり貝を割ったりすることで有名です。

長崎バイオパークでは、竹で作られたフィーダーを用いてエサをあげていました。竹筒を木に押し当てて転がし、エサを取り出す様子を見ることができました。

長崎バイオパーク フサオマキザル

子どもの個体でしたが、すでにこの頭の良さ。驚きです。

フサオマキザルのエサやり

また、池の回りにはパンチが取り付けてあり、エサを飛ばしてあげることができます。

なかなか思ったところには、飛んでいきませんでしたが。そこは、フサオマキザルの身体能力の高さでカバー。

器用な手の動きもじっくり観察できるので、ぜひエサやり体験してみてください。

長崎バイオパーク フサオマキザル

フサオマキザルと遊びながらもずっと気になっていました。その周りにはカピバラがたくさん。あ、ここにも!あっちにも!という感じ。

カピバラ

南アメリカの水辺に生息するげっ歯目テンジクネズミ科の動物。世界最大のネズミと言われるカピバラ、体長1メートル以上に成長します。

毛も長く太い。さらに硬いので、さわり心地はいまいち。しっぽは退化しており、ありません。

動きはゆっくりで非常におだやかなカピバラさん。ヒトに慣れているため、エサを取ってあげると、直接手から食べてくれます。

長崎バイオパーク カピバラ

そんな遅いイメージのあるカピバラ。

実は、指間には水かきがあり、水中では優雅に泳ぐスイマーです。

カピバラのお風呂

泳ぎが得意ですが、冬は寒くて池の中に入りません。その代わりに、あったかいお風呂に入るそうです。その姿が、長崎バイオパーク冬の風物詩なんだとか。

静岡県の伊豆シャボテン公園や埼玉県のこども動物自然公園などでも、カピバラのお風呂が設置されているそうです。

カピバラが気持ち良さそうにお風呂に入る姿は、癒し効果抜群!要チェックです。

長崎バイオパークのトレードマークでもあり、大人気のカピバラさんたちでした。

長崎バイオパーク カピバラ

バイオパーク3へつづく

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です