チンパンジーのパン君に会える!阿蘇カドリー・ドミニオンに行こう

パンくんとふれあい動物|カドリー・ドミニオン1

熊本県阿蘇市にある阿蘇カドリー・ドミニオンを紹介します。

2016年4月の地震の影響でいまだに通行止め区間のある阿蘇市ですが、阿蘇カドリー・ドミニオンや付近の多くの宿泊施設は通常営業しています。

テレビなどのメディアで取り上げられることの多いカドリー・ドミニオンに行ってみましょう!

阿蘇市へのアクセス

阿蘇市へは熊本駅もしくは阿蘇くまもと空港よりバスで行くことができます(現在、JR線は途中不通区間があります)。

せっかく阿蘇へ行くなら雄大な景色を満喫したいところ。公共交通機関が発達していないため、車がベストでしょう。

熊本市より1時間弱の位置にある阿蘇市。しかし、迂回が必要な区間があり、現在はさらに時間がかかります。詳しくは、阿蘇市道路情報をご覧ください。

阿蘇山

阿蘇山は広大なカルデラと外輪山をもち、熊本県のシンボルのひとつであります。

阿蘇山の火口へ行く途中にある草千里は、観光名所のひとつ。草の緑、空の青と馬がとても美しく癒されること間違いなし。

阿蘇 草千里 乗馬

阿蘇山周辺ではウシの放牧もされているので、動物好きなあなたもきっと楽しめます。

この辺りから、カドリー・ドミニオンまでは30分ほど。開園前に訪ねてみてはいかがでしょうか?天候のいい日の朝は最高です。

阿蘇パノラマライン ウシの放牧
阿蘇パノラマラインにて撮影

カドリー・ドミニオンの営業案内

阿蘇カドリー・ドミニオン

10/10~3/17までは10:00-16:30。

しかし、曜日やイベントによって異なるようなので、確認してから行くことをおすすめします。

入園料おとな2400円、小中学生1300円、幼児700円で3歳未満は無料です。アニマルショー観覧も含まれているので、料金はお高め。

駐車場は広く、料金は無料ですのでご安心を。

お得なチケット

インターネットやコンビニで前売り券を購入することもできます。前売り券の方が100円安いので、予定が決まっている方はお得に入手できます。

また、親子セットの前売り券はより割引率が高いようです。詳しくは、カドリー・ドミニオン公式HPでご確認ください。

参考までに、カドリー・ドミニオン入園券付きプランのあるホテルもあります。宿泊予定の方は、別々に購入するより便利かもしれません。

チンパンジーのパンくん

カドリー・ドミニオンのメインはクマです。でも有名なのは、「天才!志村どうぶつ園」に登場するチンパンジーのパンくんとその娘プリンちゃんです。

パンくんは死んだとか殺処分とか噂があるようですが、生きてます!熊本にいます!

わたしがチンパンジー舎(チンパンジー学習の森)に行ったときは、ちょうどトレーナーの宮沢さんとパンくんのサイン会をしていました。

一仕事終えたパンくんは両手いっぱいにおやつをゲット。

チンパンジー パンくん 阿蘇カドリー・ドミニオン

宮崎市フェニックス自然動物園で生まれ、ヒトの手によって育てられたパンくんは、現在16歳になりました。父親ともあり、立派です。

相変わらずの人気ぶりにちょっとお疲れの様子でした。みなさんもそっと見てあげてください。

カドリー・ドミニオンのアニマルショー

カドリー・ドミニオンでは無料のアニマルショーが行われています。しかも2種類!約30分間のショーです。それぞれ開催日時や場所が異なりますので、ご注意ください。

みやざわ劇場

みやざわ劇場では、パンくんのトレーナーである宮沢厚さんが登場します。

こちらでは、パンくんの娘プリンちゃんや2代目ジェームスくんが出演しています。ショー終了後には、プリンちゃんと写真撮影もできます(有料)。

パンくんは引退していますので、ショーには出ません。

みやざわ劇場は入園ゲートやベアバレから遠いところにあるので、開催時間に間に合うよう早めに向かった方が良さそうです。

また、みやざわ劇場では毎日アニマルショーを開催していますが、平日と休日では公演内容が異なります。プリンちゃんの出演は土日祝のみですので、ご注意ください。

カドリーホール

もうひとつのショーは、アメリカ出身のトレーナーによるアニマリュージョン!

入園ゲートから近い、カドリーホールで行われています。こぐま広場周辺の小高いところに建っています。

カドリーホールでの公演は毎日ではなく、火~木曜日はお休みの日も多いので要注意です。

わたしは時間の関係でみやざわ劇場へは行けず、アニマリュージョン!だけ拝見しました。動物たちとトレーナーさんたちとの息の合った演技はお見事。

カドリー・ドミニオンの入園料にはこれらのショーの料金も含まれています。お時間合わせてぜひご覧ください。

ちびっこどうぶつ広場

園内の奥には、ちびっこどうぶつ広場があります。ふれあい体験ができるゾーンです。

モルモットやハリネズミなどの小動物や爬虫類など、さまざまな動物たちとふれあうことができます。近くには爬虫類ハウスもあります。

ダチョウ

ダチョウ ふれあい 阿蘇カドリー・ドミニオン

驚いたことに、ちびっこ広場でダチョウにふれあうことができました。

ダチョウにさわったのはこれが人生で初めてでした。

ふわふわ感はまさに羽毛。おとなしくさわらせてくれる優しさ。あっという間にダチョウ好きになりました。

ぜひお試しあれ。

ラマ

近くには、zoo zoo diaryでたびたび登場!ラマです。

阿蘇カドリー・ドミニオン ラマ ふれあい

カドリー・ドミニオンのラマはわたしが近くに行くと、自ら寄って来てくれる好奇心旺盛な子でした。

あまりにも近くに来るので、ドキドキしましたが。

ラマは威嚇の際、臭いツバを吐くことがあります。こわがらせないようにくれぐれもご注意ください。

ラマは上の前歯がありません。なかなか動物の口の中を見る機会は少ないですが。

エサやりをすると、むにっとした感触でなんとも言えない気持ち良さです。

ミニブタレース

お隣では、ミニブタレースが行われていました。賭けたいブタのゼッケンと同じ色のぬいぐるみ(500円)を購入することで参加できます。

もちろん購入しなくても、観戦できます。プリプリ走る姿はとってもかわいく、レースは大盛り上がりでした。

その他にも、2017年にオープンしたばかりのカピバラ、ペンギン、ビントロングの展示場もあります。こちらでもエサやりやふれあいのイベントを行っていますので、お見逃しなく。

カドリー・ドミニオン2へつづく

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です