コアラ飼育数日本一の平川動物園!ヤマアラシやゾウガメを紹介

コアラとオーストラリアの動物|平川動物園7

こんにちは。
鹿児島市の平川動物園編はいよいよ後半に突入しました。

広いうえにアップダウンのある園内なので、それなりの体力が必要です。動物に夢中になってしまいますが、水分補給は忘れずに。

今回のおもな内容
  • ヤマアラシ
  • アルダブラゾウガメ
  • アナグマ
  • カンガルー
  • エミュー
  • コアラ

平川動物園 園内マップワシやコンドルの周辺は、不思議な動物ゾーンと名付けられています。

前回紹介したアフリカハゲコウも表現しにくい見た目。インパクトの大きい動物でした。次に現れる動物も確かに不思議です。

ヤマアラシ

げっ歯目ヤマアラシ科のアフリカタテガミヤマアラシ。日本の動物園において、最も多く飼育されている種類です。

顔をよく見るとネズミだということがわかると思います。

平川動物園 ヤマアラシ

トゲトゲした毛を持ち、ガサガサと動く姿は不思議そのもの。

平川動物園のヤマアラシ

名前や個体数がわからなくて申し訳ないですが、ヤマアラシの展示場は2か所あります。だいたい2頭ずつ展示されている気がするので、少なくとも4頭はいるようです。

2015年には赤ちゃんが誕生していました。ちなみに、福岡市動物園のお父さんヤマアラシのマサキは平川動物園生まれです。

夜行性なので、日中は展示場奥側で寝てることが多いです。

野生では単独行動をしているヤマアラシ。動物園では、針毛に気を遣いながら、身を寄せ合う姿を見れることもあります。

硬い毛を持つがゆえに、ぎこちなく動き、変な音を立てる。一見不気味に思えますが、小さくて丸い目が魅力的な、とてもかわいい動物です。

平川動物園 ヤマアラシ

ヤマアラシの展示場近くには、は虫類・夜行性動物館があります。入ったことないので詳細不明。

施設の出口付近では、アルダブラゾウガメが飼育されています。

アルダブラゾウガメ

砂漠や乾燥した地域に住んでいるアルダブラゾウガメ。アフリカ大陸の東、インド洋に浮かぶ島々からなるセシェールという国の固有種です。

ガラパゴスゾウガメとともに、リクガメの最大種とされています。大きいものは、1メートル以上の甲羅を背負っています。

平川動物園 アルダブラゾウガメ

ゾウガメの寿命

鶴は千年亀は万年ということわざがあります。さすがに万年は言い過ぎですが、ゾウガメは100年以上生きると言われています。

ゾウガメのジョナサン

現在、世界最高齢のゾウガメは、推定185歳以上というから驚き!!

そのお方は、セントヘレナに住むオスのジョナサン。世界最高齢の陸上動物と考えられています。目や鼻の感覚は失っていますが、耳は良く、今なお、年齢を重ねて続けているそうです。

ゾウガメの展示場は柵が低く、その大きな体をまじまじと観察できます。わたしたちよりも長生きするアルダブラゾウガメたち。どんなことを考えているのか気になります。

平川動物園 アルダブラゾウガメ

写真を見てお気づきの方もいるかもしれません。平川動物園のゾウガメ2頭は、甲羅の形が違います。亜種が違うのか、個体差なのかわかりませんが。

次の、かごしまの動物ゾーンの手前には、トイレや休憩所が設けられています。

休憩所の前には、アナグマの展示場があります。

アナグマ

名前だけ見るとクマの仲間かと思いますが、まったく違います。アナグマはイタチ科の動物です。

アナグマと人間

名前の通り、アナグマは穴を掘る習性があります。そのため、建物の下を掘ったり、農作物を荒らしたり、害獣と考えられています。

しかし、近年、駆除数が増加し、先行きが心配されています。

放置しすぎると農家の方は困窮し、駆除しすぎると生態系が変化してしまう。ヒトと野生動物の共存は、前途多難です。

平川動物園 アナグマ

アナグマは夜行性のため寝ていることも多く、素通りされがち。地面をガサゴソ動きまわっているときもありますので、要チェックです。

かごしまの動物ゾーンには、アナグマ以外にも鹿児島県で見られるイノシシやキツネ、タヌキなどが大きなガラス越しに展示されています。

かごしまの動物ゾーンを抜けると、広い敷地が見えてきます。オーストラリアの動物、カンガルーの展示場です。

カンガルー

平川動物園では、日本の動物園で一般的に飼育されている、アカカンガルーとオオカンガルーを同時に見ることができます。

多くの方は、群れで住みわけてるとお思いかもしれません。

入口から入り、左手に灰色のオオカンガルー、右手に赤色のアカカンガルーがいました。

彼らは、どちらのカンガルーかわかりますか?

平川動物園 アカカンガルー

真ん中の個体が特に赤いので、わかりやすいと思います。その名の通り、アカカンガルーです。

平川動物園のカンガルー展示場は、とても開放的ですが、触れたりエサをあげたりはできません。しかし、場合によっては、非常に近くで見ることができます。

なぜか木の枝を大切そうに抱えているオオカンガルー。

平川動物園 オオカンガルー

以前訪れた際には、オオカンガルーの赤ちゃんがお顔を出していました。癒されます。

平川動物園 カンガルーの親子

また、カンガルー展示場の出口付近では、オーストラリアの仲間エミューがいます。

エミュー

ダチョウに次いで大きな鳥類と言われているエミュー。

ダチョウと異なり、顔や首が青みがかっています。平川動物園では、エミューはカンガルーとともに、混合展示されています。

平川動物園 オーストラリア園

写真を見てわかる通り、お互い無関心。同居は難なく成功したそうです。

エミューはギロっとした目つきですが、性格はとても穏やか。そのため、カンガルーも心を許せたのでしょう。

カンガルーの展示場を出ると、いよいよコアラの登場です!

コアラ

1984年、オーストラリアから初めて日本にやって来たコアラたち。平川動物園は、多摩動物公園と東山動植物園とともに、コアラを初めて飼育した動物園です。

コアラに会える動物園

現在では、全国8か所の動物園で、コアラの飼育を行っています。

  • 埼玉県こども動物自然公園
  • 多摩動物公園
  • 金沢動物園
  • 東山動植物園
  • 天王寺動物園
  • 王子動物園
  • 淡路ファームパーク
  • 平川動物園

上記のように中国、四国地方にコアラを飼育している施設はありません。

こだわりが強く、ユーカリしか食さないコアラの飼育には、莫大な労力と費用がかかっています。

大阪市の天王寺動物園では、現在飼育しているオスのアークを最後に、コアラ飼育からの撤退を表明しています。

平川動物園のコアラ飼育数

そんな困難なコアラ飼育に当初から取り組んでいる平川動物園。

なんとコアラが11頭もいます!2018年6月現在、国内最多のコアラ飼育数です。

平川動物園 コアラ

世界中のコアラは、基本的にオーストラリアからやって来た個体。

そのうち繁殖に成功した施設では、個体数が増加します。一方、繁殖できず個体数を増やせないケースもあります。

そんななか、平川動物園は国内で初めてコアラの繁殖に成功した動物園です。日本をはじめ、繁殖を目的としたコアラの移動は頻繁に行われています。

今年4月には、ホワイトタイガーとの交換により、オーストラリアからオスのバンブラとメスのジェインがやって来ました。さらに、先月は多摩動物公園から、メスのミライがやって来ました。

ちなみに、平川動物園の公式HPでは、コアラの紹介ページがあります。名前や画像などが掲載されています。

平川動物園のコアラ展示場

飼育数の多さから想像できるように、平川動物園のコアラ展示場はとても広い。

大きな建物まるごとコアラ。手前はガラスなし、奥にはガラス張りの展示場があります。

平川動物園 コアラ

コアラは建物内でガラス越しに展示されているのが、一般的。そのため、距離はあれどガラスのない開放的な展示場は珍しいと思います。

コアラは気に入った木にしか寄り付かないので、体の割に飼育スペースが必要な動物です。

コアラのイベント

平川動物園では、11:00~コアラ舎にてコアラのお食事タイムがあります。飼育員さんがエサをあげながら、コアラについて教えてくれるイベントです。

寝ていることの多いコアラですが、お食事中に行くと、活発な姿を見ることができます。

平川動物園 コアラ

しかし、平川動物園は国内最多のコアラ飼育数!

その分、起きてるコアラを見れる確率が高いです。わたしは平川動物園でコアラが全員寝てる、という経験はありません。

さらに、広い施設なので、コアラ舎にありがちな混雑も気になりません。個人的には、国内ではいちばんコアラが見やすい施設では、と思っています。

ゆっくりたくさんコアラを見れる。コアラ好きの方には、たまらない動物園です。

平川動物園8へつづく

Pocket

2 Replies to “コアラ飼育数日本一の平川動物園!ヤマアラシやゾウガメを紹介”

  1. お久しぶりですカンガルーのパンチ力ってどのくらいなのかな(笑)

    1. フェルナンド・トーレスさん
      お久しぶりです。
      パンチ力はどうでしょう、カンガルーはいつも使っている足の力の方が強いです。
      詳しいことがわかったら、追記します。
      いつもコメントありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です