クロサイとシロサイに会える平川動物園!アフリカの動物たち

営業案内とアフリカの草原ゾーン|平川動物園1

こんにちは。
今回より、鹿児島市にある平川動物園を紹介します。

広さ約30万ヘクタールの敷地に、140種類以上の動物が飼育されています。ホワイトタイガーやコアラの飼育数の多さで有名です。

今回のおもな内容

NHK大河ドラマ「西郷どん」の影響で観光客が増加している鹿児島市。歴史観光ついでに動物園や水族館にも行けます。

鹿児島市へのアクセス

1. 飛行機

空の窓口、鹿児島空港は鹿児島市のお隣霧島市にあります。

東京、大阪、名古屋をはじめ中国、韓国など国際線も就航しています。LCC(格安航空会社)を利用することもできます。

国内線の比較・購入サイトの決定版【格安航空券モール】

鹿児島市内への移動手段

鹿児島空港から鹿児島市中心部へは1時間程度。

鉄道は発達していないため、バスでの移動が主です。空港からは、中心部や郊外、他県への連絡バスが運行しています。

鹿児島市の繁華街天文館や桜島のお隣垂水市、砂むし温泉で有名な指宿などルートがいくつもあり、利便性良し。

ただし、バス内ではSuicaなど交通系ICカードは使えませんのでご注意。

2. 鉄道

鹿児島県には九州新幹線の終点、鹿児島中央駅があります。

中国地方や福岡方面からの利用におすすめです。車より断然早く市中心部に位置するため、とても便利です。

3. 自家用車

鹿児島市内では、路面電車が道路の中心を走っています。右折時など対向車が見にくかったり、路面電車の邪魔になってしまったり、複雑な道路状況に不慣れな方にはおすすめできません。

一方、平川動物園をはじめ郊外へ行くには車の利用が便利です。

運転に自信がない場合、市内観光には公共交通機関をご利用ください。

4. フェリー

大阪市と志布志市を結ぶフェリーが毎日運航しています。

志布志市は鹿児島県東部、大隅半島に位置します。自家用車の持ち込みもできます。

鹿児島 桜島 仙巌園
仙巌園から見た桜島

路面電車が走る街並みも素敵で、見どころたくさんの鹿児島市。その中でもナンバーワンは、もちろん平川動物園です!

平川動物園へのアクセス

平川動物園は、鹿児島市南部の平川町にあります。

1. 自家用車

中心部から離れているため、自家用車での来園がいちばん楽です。指宿スカイラインという有料道路を利用すると、30分程度で到着します。

駐車場は広いので、問題なし。

2. バス

鹿児島駅前からは動物園行きのバスがおよそ20分おきに運行しています。

路面電車の終点谷山駅や平川動物園の最寄り駅五位野駅近くを通過し、およそ1時間で平川動物園の正門前に到着します。

鹿児島中央駅は通過しませんので、ご注意ください。

鹿児島市のバスと路面電車は独自のICカードがあり、Suicaなどの交通系ICカードは使えません。

3. 鉄道

平川動物園の最寄り駅は、五位野駅。鹿児島中央駅よりJR指宿枕崎線で30分ほどです。

悲壮感たっぷりの五位野駅。だれひとりいません。改札もなく、切符はポスト型の箱に入れます。

JR線は、全国共通交通系ICカードの利用可。ホームにICカード用の機械が設置されていますので、タッチするのを忘れずに。

五位野駅から平川動物園まで

しかし、平川動物園は地方にありがちな、最寄り駅が遠いパターンです。五位野駅から平川動物園までは徒歩20分以上かかります。

わたしは鹿児島中央駅で新幹線から指宿枕崎線に乗り換え、五位野駅からタクシーに乗車。する予定でしたが、タクシーがおらず徒歩で行きました。

駅のホームに平川動物園への徒歩ルートが記載された看板があります。

ざっくりとした地図を頼りに進みます。車1台が通る程度の細い道、なんだか不安です。

しばらく歩くと高架下のような通りを抜けます。

すると、動物園へ続く大きな道路に出ます。ここからは、上り坂。動物園前の準備運動にしては、少しハードかもしれません。

よって平川動物園を訪問する際は、自家用車かバスの利用をおすすめします。

平川動物園の営業案内

平川動物園の営業時間は9:00-17:00。休園日は年末年始12/29~1/1です。

入園料はおとな500円、小・中学生は100円です。駐車場は1回200円、入庫時に支払います。

お得なチケット

かごしま水族館との共通チケットは1600円。水族館だけで1500円なので、とってもお得です。有効期限が半年間設けられているので、別日の利用でも問題ありません。

さらに、年間パスポートはおとな1000円と激安!なんと2回行ったら元を取れちゃいます。

平川動物園の入口はひとつ、駐車場の向かいにあるメインゲートのみ。

券売機もしくは窓口で入園券を購入し、突入です!

アフリカの草原ゾーン

平川動物園 園内マップメインゲートを抜けると、目に飛び込んでくるのは、アフリカの草原ゾーン。

広大な展示スペースにキリン、サイ、シマウマなどアフリカの動物たちが混合展示されています。

平川動物園は2016年にリニューアル事業が終了し、新しい設備が整った動物園です。

リニューアル前とはまったく異なる動物園へと生まれ変わりました。昔行ったという方も、新鮮に感じると思います。

そして、動物たちの向こうには、鹿児島の象徴、桜島がそびえています。

桜島をアフリカ最高峰のキリマンジャロに見立て、設計されたそうです。非常に開放的で、野性的な展示場です。

キリン

平川動物園のキリンは複雑な模様を持つマサイキリン。

観覧スペース付近でエサを食べていることが多いので、至近距離で観察できます。

平川動物園 マサイキリン
ハヤテ

平川動物園のマサイキリン

平川動物園生まれのメス、アヤメ22歳と静岡市立日本平動物園生まれのオス、ハート8歳がいます。そして、2016年には、2頭の子ハヤテくんが誕生しました。

アヤメはよくエサを食べています。口の横に葉っぱをつけてウロウロしてました。

平川動物園 マサイキリン
アヤメ

ハートは体が大きく、体色が濃い。顔もゴツゴツして男らしいのでわかりやすいです。展示場右奥の人目につきにくいところによくいます。

ハヤテはまだ子どもなのでいちばん小さい個体です。角の毛も全体的に長い気がします。

マサイキリンがいる動物園

マサイキリンは全国で4か所、たった9頭しか展示されていません。

  • 徳島動物園(1頭)
  • 熊本市動植物園(3頭)
  • 平川動物園(3頭)
  • 宮崎フェニックス自然動物園(2頭)

ハヤテの誕生はたいへん喜ばしいことでした。

昨年は、熊本市動植物園からフェニックス自然動物園に婿入りが発表されました。希少なマサイキリン、繁殖に成功することを願っています。

サイ

アフリカの草原ゾーンには、1頭のミナミシロサイが展示されています。

シロサイのシノ

名前はシノ、今年40歳を迎えるメスです。30年以上平川動物園で飼育されており、人気者です。

平川動物園 シロサイ シノ

シマウマといっしょに食事をしたり、ダチョウやキリンに近づいてみたり、と愛嬌あふれるシロサイです。サイの寿命は40~50年と言われています。元気に長生きしていほしいです。

そして驚くことに、平川動物園にはヒガシクロサイもいます!

クロサイのサニー

サニーは2012年に日立市かみね動物園より来園した、現在9歳のメスです。

平川動物園 クロサイ サニー

サニーはブリーディングローンと記載されていますが、平川動物園にはオスのサイはいません。

サニーの展示場はアフリカ園を抜けたキリン舎の近くにあります。小さな看板がありますが、奥まったところにいます。

日本では23頭しかいないクロサイ、どうぞお見逃しなく。

アフリカの草原ゾーンには、キリンとサイの他にチャップマンシマウマとダチョウがいっしょに展示されています。

シマウマはよく食べ、ダチョウはよく走っています。

カバ

草原の反対側には、カバの展示場があります。

上から見下ろすことも、カバと同じ目線から見ることもできます。通路にはたくさん掲示物があり、読み応え抜群です。

平川動物園のカバ

平川動物園は現在2頭のカバを飼育しています。

長崎バイオパーク生まれの龍馬9歳と神戸市立王子動物園生まれのナナミ8歳です。2010年、リニューアルしたカバ舎にやって来ました。

ナナミは目がとっても大きく印象的な顔立ちです。

平川動物園 カバ ナナミ
ナナミ

水中にいると目が見えにくいので、龍馬との判別が難しいですが。全体的にナナミの方が黒いと記載がありました。

開園直後はエサを食べたり、泳いだり、活発な姿を見ることができます。また、水鳥を追いかけていることもあります。

平川動物園 カバ 龍馬
龍馬

日中は、2頭寄り添っておやすみしていることが多いです。

現在は別居中ですが、仲良しそうな2頭の様子に癒されます。いつか元気な子が生まれることを期待します。

平川動物園2へつづく

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です