カワウソの赤ちゃんとビントロング!福岡市動物園バックヤードツアー

カワウソとビントロング|福岡市動物園3

こんにちは。
引き続き、アジア熱帯の渓谷エリアのお話をしたいと思います。

福岡市動物園2では、エンリッチメントにおいて高い評価を得ている、オランウータンとテナガザルの展示場を紹介しました。

今回のおもな内容
  • コツメカワウソ
  • シシオザル
  • ベンガルヤマネコ
  • ビントロング

福岡市動物園 園内マップ動物園では動物たちやわたしたちが楽しめるように、さまざまな工夫をしています。

今回紹介するコツメカワウソの展示場も子どもたちに大人気。なぜなら、コツメカワウソたちが生き生きと動き回っているからです。

コツメカワウソの展示場

オランウータンとテナガザルの展示場2階デッキからつながっている建物内シロテテナガザルの室内展示場のお隣に、コツメカワウソの展示場があります。

東南アジアの河川周辺に生息するコツメカワウソ。

ガラス張りの展示場は水槽になっていて、水族館のよう。水面下で泳いでる様子を観察することもできます。

メインの展示場にはコツメカワウソが通れる小さなトンネルがあり、柱状の水槽に移動できるつくりになっています。

福岡市動物園のコツメカワウソ

福岡市動物園では、ふく太とリラ夫婦とその子どもたちが飼育されています。

食いしん坊のリラは毎年のように出産しており、ベテランお母さんです。

カワウソの赤ちゃん

以前、バックヤードツアーに参加した際、生後数週間のコツメカワウソの赤ちゃんに会うことができました。

まだ目が見えないらしく、麻袋に包まれた状態で寝室にいました。おとなの濃い艶のある体毛とは異なり、薄い灰色でふわふわ。

カワウソの赤ちゃん 福岡市動植物園

言葉ではあらわせないほどの、かわいさでした!

わたしが見たコツメカワウソ3頭のうち2頭は現在も福岡市動物園にいます。もう1頭は兵庫県の神戸どうぶつ王国で元気に暮らしているそうです。

飼育員さんは、リラのストレスがたまらないように、展示場と寝室を行ったり来たりさせていました。飼育員さんの手助けもあり、リラとふく太は健康で子づくりができるのだと思いました。

これからも元気な赤ちゃんをつくってほしいです。

福岡市動物園のコツメカワウソは終始動いているため、全然写真が撮れてません。

福岡市動物園 コツメカワウソ

ぜひ、みなさんの目で、カワウソのかわいさを確かめてみてください。

シシオザル

コツメカワウソの展示場のお隣にはシシオザルの室内展示場があります。

お顔周りのふさふさの毛が特徴的です。シシオザルはインドに生息するサル。しっぽの先がライオンと似ていることからその名がつけられました。

一見せまく感じますが、室内展示場からさらに上にのぼるとシシオザルの野外展示場もあります。

福岡市動物園 シシオザル

ビルマニシキヘビ

福岡市動物園は傾斜が多く、その地形を生かして展示場がつくられています。

いま、ゾウ舎付近からスタートして、2度階段をのぼったので、3階にあたる場所にいます。こちらにはさまざまな動物の展示場があります。

その一つはわたしが大の苦手とする爬虫類、ヘビ。

しかも超巨大なビルマニシキヘビです。ご興味のある方はエレベーター近く、少し暗くなっているところらへんにいるので、お見逃しなく。

ビルマニシキヘビの向かい側には、ベンガルヤマネコの展示場があります。

ベンガルヤマネコ

ベンガルヤマネコはアジアに分布しています。日本に生息しているツシマヤマネコやイリオモテヤマネコはベンガルヤマネコの亜種です。

ネコ科なので夜行性、日中ほぼほぼ寝ています。

しかも、木々に隠れているので本当に見つけるのがたいへん。飼育員さんでも見つけられないことがあるんだとか。

下の写真を撮ったときはラッキーでした。ちなみに、朝10:30ごろの様子です。

福岡市動物園 ベンガルヤマネコ

ベンガルヤマネコが確実に見れるのは、食事の時間。

ふつうのネコと変わらないくらいの大きさですが、お肉のかたまりを食べる姿を見るとヤマネコなんだ、と実感します。

以前、朝ごはん中に出くわしたことがあるので、開園直後に行くと良いかもしれません。

ベンガルヤマネコに会える動物園

現在、上野動物園や天王寺動物園を含む6つの動物園で飼育されています。

  • 那須どうぶつ王国
  • 大宮公園
  • 上野動物園
  • 天王寺動物園
  • 福岡市動物園
  • 平川動物園

とても美しい模様のベンガルヤマネコ。

見つけられずにあきらめてしまう人も多いですが。ぜひ、展示場のはしから木々の間までくまなく探してみてください。

コツメカワウソの展示場から階段をのぼって真正面にビントロングの展示場はあります。わたしは好きなので必ずチェックしますが、結構素通りの方が多いんです。

みなさんビントロングってご存知ですか?

ビントロング

アジアの森林に生息するジャコウネコ科のビントロング。クマみたいに見えることからクマネコとも呼ばれているそうです。

福岡市動物園 ビントロング

真っ黒でバリバリの体毛、耳の後ろの毛やおひげが長いのが特徴。くりくりお目目にちっちゃなお耳がかわいらしいですが、体長は1メートル近くと結構大きいです。

見た目はもさっとしてますが、ビントロングは香水にも使われるような甘い独特な匂いのする動物です。体毛も見た目よりはやわらかく痛くありません。

夜行性のため、日中は寝ていることも多いです。近くに来たときはくんくんと、におってみると良い香りがするかもしれません。

福岡市動物園のビントロング

現在、福岡市動物園では4頭のビントロングを飼育しています。

オスのビーン、メスのコロンとトロンの3頭に加え、昨年ビーンとトロンの間に赤ちゃんが誕生しました。

名前はブーン。もう大きくなっているでしょうが、ぜひ見に行きたいです。

【追記】2018年12月20日、ブーンは熊本市動植物園へ移動しました。

ビントロングの赤ちゃんはふわふわですっごくかわいい。

過去に撮った写真を参考までに。とても見にくくてすみません。

福岡市動物園 ビントロング 赤ちゃん

ちなみに、わたしはビントロングのバックヤードにもお邪魔したことがあります。

わたしがビントロングに会えると大喜びしていると、「ビントロング好きって言う人めずらしいです」と飼育員さんに言われました。

わたしからすると、なんでこんなにかわいい動物がマイナーなのか、本当に不思議です。

福岡市動物園のビントロング トロン

赤ちゃんのお母さんでもあるトロンちゃんは人懐っこい性格らしい。

バックヤードツアー中、飼育員さんがトロンを肩に乗せてやって来たときは驚きました。

トロンはわたしの手のひらから直接エサを食べたり、たくさんさわらせてくれたり。とてもおだやかでした。

トロンの体に顔をうずめると良い匂いも相まって、とっても癒されたのを覚えています。貴重な体験をさせてくれて感謝です。

ビントロングに会える動物園

日本では、12カ所の動物園で会うことができるそうです。

  • 那須どうぶつ王国
  • 市原ぞうの国
  • 茶臼山動物園
  • 東山動植物園
  • NIFREL
  • 神戸どうぶつ王国
  • 王子動物園
  • とべ動物園
  • のいち動物公園
  • 秋吉台サファリ
  • 福岡市動物園
  • 平川動物園

独特な雰囲気のビントロング。ぜひ、注目してみてください。

福岡市動物園4へつづく

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です