木に登るカンガルーと可愛いコウモリが登場!ブロンクス動物園

キノボリカンガルーとオオコウモリ|Bronx Zoo4

野生生物保全協会(WCS)が運営するニューヨーク州ブロンクス動物園。日本の動物園より進化した展示を見ることができます。

今回紹介するのは、ジャングル・ワールド。日本では飼育されていない動物が登場します。

ブロンクス動物園 マップ

Asia Gateの近くにあるJungle World(熱帯雨林の世界)は広い屋内展示施設。温度と湿度が管理され、アジアに生息する動物たちが飼育されています。

通常チケットをご購入の方は、ジャングル・ワールドの入口で$6支払います。特典チケットをお持ちの方は、バーコード提示で入場できます。

建物内の空調は動物に合わせられているため、蒸し暑く感じます。カメラの心配をしていると、見たことのない動物が現れました。

キノボリカンガルー

双前歯目(カンガルー目)カンガルー科キノボリカンガルー属。

木の上で生活をすることから、キノボリカンガルーと名付けられました。英名はツリー・カンガルー。太平洋に浮かぶニューギニア島に生息しています。

ブロンクス動物園 キノボリカンガルー
木に登るカンガルー

キノボリカンガルーは器用!

オオカンガルーなど地上に住むカンガルーは、後肢が強く大きな脚力を持ちます。

一方、キノボリカンガルーは前肢の方が発達しています。長い爪は木に登る際に滑り止めとなります。さらに、手の指を器用に動かせるため、採食も前肢を使って行うのが特徴的です。

ブロンクス動物園 キノボリカンガルー
長い爪と器用な指

ブロンクス動物園はMatschie’s tree-kangaroo(アカキノボリカンガルー)を展示。キノボリカンガルーの中で、最も筋肉質で木登りが得意な種です。

アカキノボリカンガルーの形態

体長70センチ、体重10キロ前後。尾は体と同じくらい長く、足場の悪い木の上でもバランスを保つことができます。

腹側はクリーム色、背側は赤茶色の毛に覆われています。顔は白く、背中には黒い筋が入ります。

ブロンクス動物園 キノボリカンガルー
耳の縁や顔は白~黄色

わたしが訪ねた時はちょうど朝ごはん。木の実や葉を好むキノボリカンガルー。ブロンクス動物園では、大量のレタスが与えられていました。

あまりお腹は空いていない様子。ゆっくりと何口か食べただけで、奥へと移動して行きました。

キノボリカンガルーに会える動物園

よこはま動物園ズーラシアは、日本で唯一キノボリカンガルーを飼育しています。

ズーラシアにはモアラとタニ、2頭のセスジキノボリカンガルーがいます。背中に白い筋が2本、尾には輪模様が入っています。

木登りが得意なキノボリカンガルー、ぜひお見知りおきを。

いくつもの木々が植えられた展示場。キノボリカンガルーの向こう側では、オオコウモリがぶら下がっていました。

オオコウモリ

翼手目(コウモリ目)オオコウモリ科の動物。

オオコウモリの形態

オオコウモリは体長20センチ、両手を広げると1メートル前後の大型のコウモリ。数十グラムしかない小型コウモリより遥かに大きく、体重1キロ以上の個体も確認されています。

細長い顔立ちがキツネに似ていることから、Flying Foxes(飛ぶキツネ)とも呼ばれています。

ブロンクス動物園 オオコウモリ
キツネ顔のコウモリ

目が大きいコウモリ!

小型のコウモリは昆虫を主食とします。反響音から自分や獲物の位置を把握する能力(エコーロケーション)があり、暗闇の中でも狩りや飛行ができます。

一方、オオコウモリは植物食、特にフルーツを好みます。また、エコーロケーションは行いません。目で見て物事を判断します。そのため、耳は小さく目は大きく進化しました。

コウモリの印象を覆す、可愛らしいお顔です。

ロドリゲスオオコウモリ

ブロンクス動物園では、キノボリカンガルーとロドリゲスオオコウモリが同居しています。

マダガスカル島よりさらに東に約800キロ。インド洋に浮かぶロドリゲス島にのみ生息するオオコウモリです。

急速な森林破壊やサイクロンの影響から、一時は100匹以下まで減少。前向きな法規制や保全活動の結果、現在の生息数は約20000匹と考えられています。

2017年には、IUCNレッドリストにおいてCRからENへと再評価されました。

ビニールのような翼に覆われたオオコウモリ。しばし眺めていると、手(翼)が動き出しました。

ブロンクス動物園 オオコウモリ
ブロンクス動物園 オオコウモリ
ブロンクス動物園 オオコウモリ

どうやら「コウモリ流」寝返りだったようです。

日中はなかなかお顔が見れない夜行性のコウモリ。タイミング良く幸運でした。

キノボリカンガルーだけでなく、オオコウモリのチェックもお忘れなく。

オオコウモリに会える動物園

ロドリゲスオオコウモリはいませんが、日本でもオオコウモリに会えます。

日本固有種であるダイトウオオコウモリとオリイオオコウモリ。さらにインドオオコウモリやルーセットコウモリが飼育されています。

ダイトウオオコウモリに会える動物園
  • 沖縄こどもの国
オリイオオコウモリに会える動物園
  • 上野動物園
  • 井の頭自然文化園
  • 伊豆シャボテン動物園
  • 富山市ファミリーパーク
  • 沖縄こどもの国
  • ネオパークオキナワ
インドオオコウモリに会える動物園
  • 京都市動物園
  • 王子動物園
  • 池田動物園
  • のいち動物公園
  • 長崎バイオパーク
  • ネオパークオキナワ

以上は、オオコウモリ属の動物。

ルーセットオオコウモリは、ルーセットオオコウモリ属に分類されます。オオコウモリの中では小型。エコーロケーション能力を持つ唯一のオオコウモリです。

ルーセットオオコウモリに会える動物園
  • 那須どうぶつ王国
  • 日本平動物園
  • 東山動物公園
  • 天王寺動物園
  • 王子動物園
  • 安佐動物公園
  • のいち動物公園
  • 福岡市動物園
  • 宮崎市フェニックス動物園
  • 平川動物園

コウモリだと毛嫌いせず観察してみると、新しい発見があるかもしれません。

Bronx Zoo5へつづく

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です